過去の実績をご覧いただくと、表のなかに見慣れない言葉があると思います。

騰落率が大きい銘柄の実績~買いシグナル

騰落率が大きい銘柄の実績~売りシグナル

日経平均のシグナル実績

 

騰落率が大きい銘柄の実績」では「点灯場」のところに「日足」に混じって「半日足

という文字がよく出てきます。

 

日足、週足、月足や5分足などは一般的ですが、「半日足」というのは独自の分析方法のひとつです。

 

米国株市場などと違って、日本株市場は前場、後場に分かれています。

先物市場も日中取引と夜間取引に分かれています。

 

もちろん一般的な日足などでも分析はしますが、前場をひとつのローソク足として、

後場もひとつのローソク足として分析する方が、より細かく分析することができ、

日足だけでは分からないシグナル点灯が見つかることが過去の経験則からわかっています。

 

現に実績一覧をご覧いただくと、「半日足」のシグナル点灯で良い成果が出ているものが多くありますし、

日経平均でも先物夜間取引のシグナルで良い結果が出ているものが多くあります。

 

つまりほかの誰もが行わない分析をするからこそ、より当たる銘柄をさがすことができ、

より投資効率をあげることができるのです。

 

ただXynasシグナルがなくても、上昇相場でも下落相場でもコンスタントに利益があがり、

常に独自に4000銘柄近い分析をできる方には、いまさら必要ないものだと思います。

 

そこまで利益が出せていなかったり、銘柄分析をするお時間が無かったり、利益を出すための

分析方法自体がなかなか見つからないという方にとっては、弊社のXynasシグナル

強い味方になれるものと自負していますので、ぜひお役立てください。

 

また現状に満足せず、常に相場をより当てるために研究検証を重ねていますので、

長くお付き合いいただける「良きパートナー」になれるものと思っております。

 

長々とご説明致しましたが、「良きパートナー」としてぜひお選びいただけますよう、

社員一同心よりお待ち申し上げております。