シグナル配信銘柄の14日間の結果

【シグナル配信銘柄】1月31日分の実績です

日経平均は+45円高の21970円と小反発しました。 朝方は、円安ドル高を受けて小高く始まりましたが、連休明けの米国株市場が下げたことが重しとなって 下落に転じる場面もありました。 その後は円安進行とともに上げ幅を拡大すると、後場入り直後には+205円高の22130円まで 上昇しましたが、買い一巡後は米国株時間外取引が下落に転じたことなどから、急速に上げ幅を縮小して 下落転換すると安値では-88円安の21836円まで下げる場面もありました。 大引けにかけては押し目買いから小高い水準で推移しました。   ◆けさは小高く始まりましたがその後はマイナス圏に押し返され、底打ちしてプラス転換すると 後場寄りにかけて上げ幅を広げたものの、買い一巡後は失速して再度マイナス転換し、 大引けにかけてはまた小高くなるというめまぐるしい動きになりました。 とくに後場の動きが大きくなり、日経平均の日中値幅は293円超となりましたが、 高値も安値もいずれも後場につけたものでした。 寄り付き前にマイナス圏だった米国株時間外取引がプラスに転じたことなどから買い進まれましたが、 取引時間中に再び下落転換したことで、これに振り回された格好となりました。 東証1部の売買代金は2兆6862億円、騰落銘柄数は値上がり1087銘柄、値下がり897銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり99銘柄、値下がり121銘柄となりました。 日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに5日続伸しましたが、小型株で構成される TOPIXスモールの上昇が目立つなど、中小型株を中心とした個人投資家の買いは続きました。 テクニカル指標はおおかたが中立圏ですが、なかには短期的な過熱感を示唆し始めているものも 出てきており、騰落レシオ6日は前場試算値では193.15、大引けでも174.36まで上昇し、 昨年9月以来の水準になってきました。 きょうの日経平均高値は22130円と、19日の高値22152円まで迫ったものの抜けなかったことや、 米国株市場でまたVIX指数が警戒レベルの20を上回ってきたことも気になる一方で、 ドル円の円高進行が一服していることは好感できます。 ただやはり急速に戻したわけですから、下で買ったものは利益確定売りを段階的に進め、 下がってきたら買い直す方が無難だと思います。 このまま戻りが継続すると短期的な過熱感が意識されて、反動安する場面も考えられるからです。   ◆1月31日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【シグナル配信銘柄】1月30日分の実績です

日経平均は-224円安の21925円と4営業日ぶりに大幅反落しました。 朝方は、米国株市場が休場となるなか欧州株が総じて安かったことや前日までの3連騰で合計+995円高した 反動もあって、利益確定売りに押されて安く始まりました。 米国株時間外取引が下落したことも重しになった状況で、先物に断続的な売りが出たことから安値では -317円安の21831円まで下落する場面もありました。 後場は、日銀のETF買い期待が下支えになりましたが、戻りは限定的でした。   ◆けさは安くは始まりましたが、ドル円相場の落ち着きもあって、日経平均は先物夜間取引の終値 21950円を大きく上回る22054円から始まりました。 しかしその後はさえない米国株時間外取引を横目に、利益確定売りや戻り待ちの売りに押されて 前引けにかけては下げ幅を広げる展開でした。 後場は市場参加者が少ないなか、日銀のETF買い期待を支えに下げ幅を縮小する場面もありましたが、 大引けにかけては失速しました。 東証1部の売買代金は2兆2390億円と連日で今年最低を更新し、昨年12月29日以来の低水準でした。 売買高も12億3682万株と連日で今年最低を更新しました。 騰落銘柄数は値上がり1027銘柄、値下がり949銘柄、日経225採用銘柄では値上がり65銘柄、 値下がり154銘柄となっており、東証1部全体では値上がり銘柄数の方が多くなっていますが、 裁定解消売りの影響で日経225採用銘柄はさえず、ファ-ストリテが約36円、ファナックが約26円、 東京エレクが約15円など、日経平均を押し下げています。 個人投資家の資金流入で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに4日続伸しました。 テクニカル指標はおおかた中立圏まで戻しているなか、騰落レシオ6日は148.08まで上昇し、 逆に短期的な過熱感を示唆し始めました。 日経平均はきのう心理的なフシ目の22000円を回復し、1月23日の高値24129円から 2月14日の安値20950円まで下げた分の3分の1戻しである22010円も上回りましたが、 一日で21000円台に押し返されました。 またきのうの高値22152円はフィボナッチ係数の38.2%戻しの22164円にも接近しましたので、 やはり目先の達成感は出やすい水準です。 急速に戻したわけですから、下で買った部分は利益確定売りを段階的に進めるところだと思います。 下がるなら買いたいイメージは基本的には変わっていませんが、いまあえて買うなら東証1部に 連れ安した好業績の中小型株くらいかもしれません。   ◆1月30日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【シグナル配信銘柄】1月29日分の実績です

日経平均は+428円高の22149円と大幅に3日続伸しました。 朝方は、先週末の米国株高などを受けて高く始まると、戻り待ちの売りに押されてやや上げ幅を縮小する 場面もありましたが、後場に入ると先物にややまとまった買いが入ったことから上げ幅を広げ、 高値では+432円高の22152円まで上昇しました。 米国株時間外取引が高いことや、ドル円が日本時間でやや円安に振れたことが好感され、 日経平均はきょうの高値圏で終えるとともに、終値ベースで9日営業日ぶりに22000円台を回復しました。   ◆けさは高く始まったあとも、上げ幅を縮小した前場中ごろからは逆に徐々に上げ幅を広げる展開となって 終始堅調に推移しました。 引き続きVIX指数が低下したことが好感されており、取引時間中に一時21台と2週ぶりの低水準に なったことや、米国株時間外取引が高く推移したことが投資家心理を改善させました。 一方で今晩の米国株市場が休場になることから海外投資家の一部が不在と見られ、取引は低調で 東証1部の売買代金は2兆3256億円と1月22日の2兆3823億円を下回って今年最低で 昨年12月29日以来の低水準になり、売買高も12億9080万株と今年最低でした。 騰落銘柄数は値上がり2002銘柄、値下がり56銘柄、日経225採用銘柄では値上がり220銘柄、 値下がり5銘柄となっており、ほぼ全面高でした。 日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに3日続伸しました。 テクニカル指標は総じて中立圏まで戻しましたし、日経平均の予想PERも大引け試算値では 約13.55倍まで回復し、極端な割安感は無くなりました。 きょうに関していえば、売りスタンスの海外投資家が不在のなか、押し目買いから値を戻した 印象もありますが、ここからはドル円の位置が大事になってきます。 さらに円高が進めば企業の業績見通しが引き下げられますので、予想PER自体は高くなりますから 割安感がさらに後退するかもしれません。 心理的なフシ目の22000円を回復し、1月23日の高値24129円から2月14日の安値 20950円まで下げた分の3分の1戻しである22010円も上回りましたので、 下で買った部分は利益確定売りを段階的に進めていいと思います。 下がるなら買いたいイメージは変わっていませんが、ココからさらに上昇すると今度は短期的な過熱感が 意識される水準になってきます。   ◆1月29日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【シグナル配信銘柄】1月26日分の実績です

日経平均は+255円高の21720円と大幅続伸しました。 朝方は、米国株が5営業日続伸したことや、予想変動率を示すVIX指数が日米ともに低下したことから 買い安心感が広がって小高く始まりました。 円高進行を嫌気して伸び悩む場面もありましたが、前引けにかけては底堅く推移しました。 後場に入ると、先物買いから一段高となって高値では+401円高の21866円まで上昇しました。 買い一巡後は、1ドル105円台半ばまで円高ドル安が進行したため上げ幅を縮小しました。 政府は衆参両院の議院運営委員会理事会で、日銀の黒田東彦総裁の再任と副総裁に日銀の雨宮正佳理事と 早大の若田部昌澄教授を充てる人事案を提示しましたが、市場の反応は限定的でした。   ◆小高く始まったあとも上げ幅を広げる展開となって終始堅調に推移しましたが、その中身は 薄商いのなかを買い戻しが中心となってリバウンドした印象です。 日米ともにVIX指数が低下したため、上昇中の相場変動リスクを嫌って売りを進めた投資家が 売り過ぎた分の買い戻しを進めたことで、円高進行にもかかわず上昇したということだと思います。 東証1部の売買代金は2兆7149億円と1月29日以来の薄商いで終わり、騰落銘柄数は 値上がり1708銘柄、値下がり298銘柄、日経225採用銘柄では値上がり183銘柄、 値下がり39銘柄となっており、ともに前引け時点よりも値上がり銘柄数は減少しましたが、 日経平均自体は前引けの21699円よりも小幅に上昇して21720円で終わっています。 日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数もともに続伸しました。 これで14日の安値20950円からきょうの高値21866円まで900円超のリバウンドを したことになります。 売られ過ぎた部分の修正はだいぶ進みましたので、これからは円高による影響を織り込みに いくことになるかもしれません。 テクニカル指標も中立圏まで戻したものが目立ち始め、日経平均の予想PERも大引け試算値では 約13.29倍まで回復し、極端な割安感は無くなりました。 さらに円高が進めば企業の業績見通しが引き下げられますので、予想PER自体は高くなりますから 割安感が後退するかもしれません。 日経平均の株価チャートは200日線を下支えにリバウンド入りし、1月22日・23日以来となる 日足の連続陽線(始値よりも終値が高いこと)になっていますが、すでに底値から約4.4%の 戻しをしているわけですから、下で買った部分は利益確定売りでいいと思います。 日銀短観で示された大企業製造業の想定為替レートは110円18銭でしたので、そこからは はるかに円高水準であることが今後の重しになってくる可能性は考えておく必要があるでしょう。   ◆1月26日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【シグナル配信銘柄】1月25日分の実績です

日経平均は+310円高の21464円と4日ぶりに大幅反発しました。 朝方は、米国株が4日続伸となったことを受けて大幅高で始まりました。 その後は比較的上値の重い展開が続いていましたが、午後1時前に先物にまとまった買いが入ったことを きっかけに上げ幅を広げると、高値では+424円高の21578円をつける場面もありました。 日米株式市場で株価の変動率が低下したことから、相場の大きな変動を嫌って買いを手控えてきた投資家が 買い戻しに動いたとの観測もありました。 ドル円が一時106円台前半まで約1年3か月ぶりの円高水準になりましたが、相場への影響は限定的でした。   ◆大幅高で始まったあとは上げ幅を縮小しにいく場面もありましたが、ドル円の円高よりも米国株時間外取引が 堅調に推移したことの方を好感して買われなおしました。 後場は先物による買い仕掛けから上値を追う場面もありましたが、超目先筋が利益確定売りに出たこともあって 大引けにかけては伸び悩みました。 米国株高もですが、やはりVIX指数が低下したことで不安心理が後退するとともに、買い戻しの動きが 後押しされたと思います。 東証1部の売買代金は2兆9682億円で、騰落銘柄数は値上がり1393銘柄、値下がり606銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり169銘柄、値下がり50銘柄となっており、裁定買いの影響で 東京エレクが約+33円、ファーストリテが約32円、ファナックが約21円、日経平均を押し上げました。 日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数も4日ぶりに反発しました。 朝方に発表された機械受注統計が、設備投資需要の強さに変化がないことを示す数字だったことも 買い安心感につながりました。 株価チャート的には、きのうの安値で割り込んだ200日線(今日現在:21045円)を下支えに リバウンド入りしたように見えますし、13日には上値で跳ね返された5日線(今日現在:21427円)を きょうは大引けで上回れたこともいいと思います。 こうなってくるときのうの終値で日経平均の予想PERが13倍を割り込んで割安といえる水準に なっていることなども注目されますので、基本的には押し目買い相場になったと思います。   ◆1月25日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【シグナル配信銘柄】1月24日分の実績です

日経平均は-90円安の21154円と3営業日続落しました。 朝方は、米国株市場が3日続伸した流れを受けて小幅高で始まると、きのうまでの続落で 合計-646円安した反動もあって、高値では+126円高の21371円まで上昇しました。 買い一巡後は、円高に振れ始めたことが嫌気されて前引けにかけて下落転換しました。 後場に入ると106円台後半へ円高ドル安が進行したことから先物売りも出て下げ幅を拡大し、 安値では-294円安の20950円まで下落幅を広げる場面がありました。 その後は、日銀のETF買い期待もあって買い戻しや押し目買いからプラス圏に切り返しましたが、 大引けにかけては再び上値が重くなって下落転換しました。 朝方発表の2017年10-12月期の実質国内総生産(GDP)速報値が、年率換算で前期比0.5%増と 7-9月期から減速するとともに予想を下回ったことが、投資家心理の重しになりました。   ◆小幅高で始まったあとは戻りを試し、その後は下落転換しましたが後場中ごろに再度プラス転換したものの、 大引けにかけてはまたマイナス圏に押し返されるというめまぐるしい展開でした。 先週末にSQを通過したことから一方通行の動きではありませんが、引き続き日中値幅は大きくなっています。 米国株時間外取引は終始堅調に推移していましたが、きょうは円高ドル安の進行が重しになりました。 東証1部の売買代金は3兆4450億円、騰落銘柄数は値上がり432銘柄、値下がり1581銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり70銘柄、値下がり151銘柄となっています。 日経ジャスダック平均は3日続落で約2か月ぶりの安値となり、東証マザーズ指数も3日続落しました。 日経平均の日中値幅はきのうの約467円に続いてきょうも約420円と、投資家の不安心理が なかなか後退しない状況が表れています。 米長期金利の行方を占う米1月CPI(消費者物価指数)の発表を今晩に控えているうえに、 朝方発表の国内10-12月期GDPが良くなかったことが余計に投資家心理を冷やしました。 ただテクニカル指標はいつリバウンド入りしてもおかしくない水準にとどまっており、 きょうは6日の安値21078円を割り込み、さらに200日線(今日現在:21030円)を 後場寄り早々に割り込みましたが、大引けではこれを上回っています。 この下には52週線(今日現在:20730円)などが控えていますが、すでに200日線割れに トライした水準は買い下がり開始のイメージだと思います。 米CPI次第では夜間取引から大きく下げる場面もあり得ますが、あすにかけて安くなることろがあれば 買い下がりでいいと思います。   ◆1月24日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

【シグナル配信銘柄】1月23日分の実績です

日経平均は-137円安の21244円と続落しました。 朝方は、東京市場が3連休中に米国株が大幅連騰した流れを受けて大幅高で始まりました。 その後、戻り売りに伸び悩む場面もありましたが、前週に2000円近く下げた反動もあって 前引けにかけて上値を追い、高値では+296円高の21679円まで上昇する場面がありました。 後場に入ると、ドル円が円高に振れ始めたことや米国株時間外取引がマイナス転換したことを嫌気して 後場中ごろから下落転換すると、大引けにかけて安値では-171円安の21211円まで 下げ幅を広げました。   ◆前引けにかけては買い戻しや押し目買いから上値を追う展開でしたが、後場に入ると一転して 大引けにかけて下げ幅を広げる展開となりました。 米国株時間外取引の下落転換も足を引っ張りましたが、週末に黒田日銀総裁の続投が 報じられたにもかかわらず、ドル円が円高に振れ始めたことも予想外の動きでしたので あらためて売り直される格好になりました。 東証1部の売買代金は3兆7126億円と約3ヶ月ぶりとなる10営業日連続の3兆円超えで、 騰落銘柄数は値上がり629銘柄、値下がり1366銘柄、日経225採用銘柄では値上がり41銘柄、 値下がり209銘柄となっています。 日経ジャスダック平均は前引けのプラスから反落に転じ、東証マザーズ指数は続落しました。 終わってみればきょうの日経平均の日中値幅は約467円と、引き続き米国株に対する不安心理から 上下に大きく動きました。 米長期金利の行方を占う米1月CPI(消費者物価指数)の発表をあすに控えて神経質になるなか、 東京時間で108円割れを試しにいくことになったことも、投資家心理を冷やしました。 前場の終値では5日線(21554円)を回復していましたので、超目先のリバウンドを 取りに行った短期筋からは利食い売りも出やすい状況でしたので、伸び悩んだところでは 急速に売り圧力が強まったと考えられます。 一方でテクニカル指標はいつリバウンド入りしてもおかしくない水準で停滞していますが、 6日の安値21078円や9日の安値21119円で試しに行った200日線(今日現在:21017円)の 水準をもう一度トライする可能性も出てきたと思います。 下がれば買いのイメージは変更していませんし、週末にも書きましたように6日の安値21078円に 接近するようであれば買い下がり開始でいいのかもしれないと考えています。   ◆1月23日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む