相場概況

6月19日 後場の相場概況

前場の日経平均は-197円安の22482円と続落しました。 朝方は、トランプ大統領の対中関税を巡る発言を受けて貿易摩擦の激化に対する警戒感が 強まったことで安く始まりました。 円高ドル安の進行に加え、米国株時間外取引の下落や中国株安なども重しとなるなか、 中国商務省の反応からさらに先物売りで下げ幅を拡大すると、安値では-229円安の 22450円まで下落しました。 取引時間中での22500円割れは6日の安値22498円以来ほぼ2週間ぶりです。   ◆けさは、ドル円、米国株時間外取引ともにほぼ横ばいだったことから、小動きで始まるかと 思われていましたが、日本時間8時30分頃にトランプ大統領が中国の知的財産侵害に対する 制裁関税を巡り、新たに2000億ドル(約22兆円)相当の輸入品に10%の追加関税を 検討するよう当局に指示したと発表し、一気に円高ドル安、米国株時間外取引の下落となったため 下げて始まりました。 前引け前には中国商務省が米国の措置に対抗する姿勢を示したと伝わったことから、 米中両国による制裁関税の応酬が世界経済に悪影響を及ぼすとの懸念が広がりました。 これらを受けて休場明けの中国・上海株や香港株が大幅に下げたことも投資家心理を悪化させました。 東証1部の売買代金は1兆1715億円と少なく、騰落銘柄数は値上がり435銘柄、 値下がり1568銘柄、日経225採用銘柄では値上がり44銘柄、値下がり175銘柄でした。 日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続落しています。 日経平均のテクニカル指標は一部のものが底値圏を示唆する位置まで低下していますが、 まだ全体として中立圏にあります。 前引けのTOPIXは-0.74%安でしたので、きのうに続いて703億円程度の買いが 見込まれますが、きのうも影響は限定的でしたので多くは期待しづらいところです。 東証業種別株価指数では全33業種中、石油・石炭と保険を除く31業種が下落しており、 投資家の不安心理を示すとされる日経平均ボラティリティー・インデックスは17ポイント台後半まで 上昇して取引時間中としては5月30日以来の高水準となっています。 またここまでは下値サポートとなっていた25日線(前場試算値:22632円)が、 前場の高値22618円を押さえ込み、きょうは上値抵抗となっています。 金曜日に高値圏を示唆する75%に到達したばかりのサイコロジカルラインは前場試算値では まだ66.67%です。 まだ積極的に買いたくなる水準とは言えませんが、大きな流れとしてはココからは 買い場を探るイメージになってくると思います。 ただ中途半端な位置での買いは控えた方がいいと思います。 終値で25日線を割り込み、下落に勢いがついて22500円も割り込んで終わるようですと 段階的な買い下がりの検討に入ってもいいかもしれません。   ◆5月29日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

6月19日 前場の相場概況

18日の米国株市場は NYダウが-103.01ドル安の24987.47ドルと5日続落、 ナスダックが+0.647ポイント高の7747.025ポイントと小反発しました。 米中貿易摩擦の激化を警戒する展開が続き、NYダウは一時-260ドル超の下落となりましたが、 売り一巡後は原油先物相場の上昇を受けてエネルギー株が買われたほか、短期的な戻りを 期待した買いでハイテク株も買われて下げ幅を縮小しました。 ナスダックではフェイスブックとアマゾン・ドット・コムが上場来高値を更新しました。 NYダウの5日続落は約2ヶ月ぶりとなっています。   ◆先物夜間取引の終値は22650 +30円高でした。 高値は22670 +50円高、安値は22540 -80円安でした。 米中の通商政策についてはその後目新しい話はありませんでしたが、引き続き貿易摩擦激化を 警戒した売りが続きました。 アナリストによる投資判断の引き下げを受けて半導体のインテルが売られ、一部の半導体株が これに連れ安したことも相場の重しとなり、フィラデルフィア半導体株指数(SOX)は -0.99%下落し、ここ1ヶ月で最大の下げとなりました。 けさは、8時30分ごろにトランプ大統領が中国に対して一段の関税措置をとるなどの発言を したと伝わったことから円高ドル安が進み、米国株時間外取引もわずかに高く推移していたものが 大幅下落に転じたことから続落して始まっています。 日経平均のテクニカル指標は高値圏にあるものは無くなりました。 米中貿易摩擦が激化する懸念は残りますが、大阪北部地震による被害状況が明らかになってくると 過度な警戒は後退してくると思われます。 一方で上値の重さも意識されてくるなか、積極的な売買は控えられる状況が続くと思います。 大きく下落するところがあれば買い場を探る展開にはなると思いますが、まだ下値のメドも 見当たりづらい状況ですので、中途半端な位置では買いたくないイメージです。 新興市場ではきょう上場のメルカリ(4385)がどの程度市場全体に影響を及ぼすのか 見極めることになりそうです。 メルカリが堅調に推移すればこれを買うためにほかの銘柄への換金売りが続く可能性も ありますし、そうでなければこれまで売られていた銘柄への見直し買いが入りやすいと 思います。   【5月29日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ... 続きを読む

6月18日 後場の相場概況

前場の日経平均は-189円安の22662円と反落しました。 朝方は、米中貿易摩擦激化への警戒感から先週末の米国株が下落した流れを受けて安く始まりました。 午前8時ごろに発生した大阪府北部を震源とする地震も心理的な重しとなったほか、 円高ドル安の進行や米国株時間外取引の下落もあって下げ幅を拡大すると、安値では-225円安の 22626円まで下落しました。 その後も買い手控えムードから戻りは鈍く、前引けにかけては安値圏で推移しました。   ◆けさは、先週末の米国株の下落や円高ドル安進行を嫌気して安く始まりました。 米政権は、中国の知的財産権侵害を理由に500億ドル(約5兆5000億円)分の中国製品へ 追加関税を課すと発表し、中国はこれに対して米国製品に同額の報復関税を課すと発表したことから、 米中貿易摩擦激化への警戒感で、東京市場でも中国関連銘柄や資源関連銘柄に下落するものが 目立ちました。 大阪北部地震により工場停止などの影響が出ており、まだ被害の全容が見えてこないことから 買い手控えムードも広がりました。 東証1部の売買代金は1兆1184億円と少なく、騰落銘柄数は値上がり450銘柄、 値下がり1554銘柄、日経225採用銘柄では値上がり29銘柄、値下がり191銘柄でした。 日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数もともに反落しています。 前場の下落により、テクニカル指標は高値圏にあるものは無くなりました。 前場の安値は25日線(前場試算値:22645円)が下値サポートとなっていますが、 金曜日にサイコロジカルラインが高値圏を示唆する75%に到達したばかりで、 前場試算値ではまだ66.67%です。 まだ積極的に買いたくなる水準ではありませんが、ココからの下落は買い場を探る展開に なってくるイメージです。 前引けのTOPIXが-1.07%安でしたので、後場は日銀のETF買いも意識されると 思いますが、中途半端な位置での買いは控えた方がいいかもしれません。 25日線を明確に割り込んで下落に勢いがついてくるようなところがあれば、打診買いを 始めるくらいが無難だと思います。   ◆5月28日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

6月15日 後場の相場概況

前場の日経平均は+89円高の22827円と反発しました。 朝方は、欧州中央銀行(ECB)理事会や堅調な米経済指標を受けて円安ドル高に振れたことを 好感して高く始まると、高値では+147円高の22885円まで上昇しましたが、 買い一巡後は利益確定売りで伸び悩みました。 米中貿易摩擦への警戒が根強いなか、証券会社が半導体需要の弱さを指摘したことから 半導体関連株が下落して相場の重しとなりました。   ◆けさは、米国株は高安まちまちでしたが欧州中央銀行(ECB)理事会を受けて欧州株が 上昇したことや、円安ドル高の進行を好感して高く始まりました。 欧州中央銀行(ECB)が定例理事会で2019年夏まで政策金利を維持する方針を示したことで 早期利上げ観測が後退したため主力株中心に買われた一方、証券会社が半導体需要の弱さを 指摘したことから半導体関連株が下落して相場の重しとなりました。 米連邦公開市場委員会(FOMC)、欧州中央銀行(ECB)理事会とイベントを無事通過しましたが、 米中貿易摩擦への懸念から引き続き様子見ムードが強く、週末要因もあって取引は閑散としています。 東証1部の売買代金は1兆1599億円、騰落銘柄数は値上がり900銘柄、値下がり1069銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり125銘柄、値下がり92銘柄でした。 ファーストリテが約38円、日経平均を押し上げた一方、東京エレクが約31円押し下げています。 日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反発しています。 日銀金融政策決定会合はおおかたの予想通り現状維持を発表しましたが、消費者物価指数の見方を 下方修正しました。 これを受けて円安ドル高に振れていることから、後場はやや上げ幅を拡大して始まっています。 ただテクニカル指標はまだ高値圏を示唆するものが残り、前場試算値ではもっとも注目される サイコロジカルラインが高値圏に到達しました。 やはりまだ戻りがあれば利益確定売りを進めるイメージは継続だと思います。   ◆5月25日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

6月15日 前場の相場概況

14日の米国株市場は NYダウが-25.89ドル安の25175.31ドルと3日続落、 ナスダックが+65.343ポイント高の7761.042ポイントと反発しました。 欧州中央銀行(ECB)は量的金融緩和を年内に終了すると決めましたが、来年夏まで利上げしない 方針も示したため、米長期金利が低下して金融株が売られました。 米中貿易摩擦が激化するとの警戒感が根強い一方で底堅い米経済指標が好感され、ナスダックは アマゾン・ドット・コムやアルファベット(グーグルの持株会社)、フェイスブックなどが買われて 2日ぶりに終値ベースの史上最高値を更新しました。   ◆先物夜間取引の終値は22840 +140円高でした。 高値は22860 +160円高、安値は22660 -40円安でした。 米商務省が14日発表した5月の小売売上高は前月比0.8%増と、2017年11月以来の伸びを記録し、 伸びは市場予想0.4%増を大きく上回りました。 週間新規失業保険申請件数は、前週比4000件減の21万8000件と、失業保険受給者総数は 44年半ぶりの少なさとなりました。 これらを受けて円安ドル高が進行して先物夜間取引は上昇しましたので、けさは大幅反発して 始まっています。 きょうは日銀金融政策決定会合の発表を昼ごろに控えていることから、この流れで発表までは 買い戻し中心に堅調な動きになりそうですが、週末要因もありますので戻り局面では やはり段階的に利益確定売りを進めるイメージでいいと思います。   【5月25日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ... 続きを読む

6月14日 後場の相場概況

前場の日経平均は-80円安の22886円と4日ぶりに反落しました。 米連邦公開市場委員会(FOMC)で今後の年内の利上げ回数を2回としたことから 利上げペースの加速が警戒されたことや、米中貿易摩擦への警戒から米国株市場が下落した 流れを受けて安く始まると、安値では-186円安の22780円まで下げ幅を広げる場面が ありました。 売り一巡後は押し目買いなどで下げ幅を縮小しましたが、戻りは限定的でした。   ◆けさは、米連邦公開市場委員会(FOMC)で、参加メンバーが年内さらに2回の利上げが 適切との見方を示したことや、トランプ政権が15日にも中国製品に対する追加関税を発動する準備を 進めていると伝わったことから、米国株が下落した流れを受けて安く始まりました。 米国が追加関税を発動すれば中国も対抗措置に動く可能性が高いため、警戒感が再燃しています。 今晩の欧州中央銀行(ECB)理事会やあすまで開かれる日銀の金融政策決定会合を前に、 引き続き様子見ムードが強いことから取引は閑散としています。 東証1部の売買代金は1兆928億円、騰落銘柄数は値上がり751銘柄、値下がり1216銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり72銘柄、値下がり147銘柄でした。 日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに小幅続伸しています。 きのうまで3日連続で昼休みの時間帯に先物が上昇して後場は堅調スタートとなっていましたが、 きょうは逆に後場は売り先行で始まっています。 日経平均は上値抵抗となっていたボリンジャーバンドの+1σ(前場試算値:22921円)を きのうは大引けで上回りましたが、前場はこれが上値抵抗となって押し返されました。 テクニカル指標はまだ高値圏を示唆するものが多く、上値をトライするために必要な売買代金の 盛り上がりも期待しづらい状況です。 やはりまだ戻りがあれば利益確定売りを進めるイメージは継続だと思います。   ◆5月24日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

6月14日 前場の相場概況

13日の米国株市場は NYダウが-119.53ドル安の25201.20ドルと続落、 ナスダックが-8.095ポイント安の7695.699ポイントと4日ぶりに反落しました。 連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表を受けて値動きの荒い展開となるなか、 金利上昇による業績への影響や、中国からの輸入品に対する追加関税を15日にも発動すると 報じられたことで貿易摩擦の激化も警戒されて売られました。 連邦公開市場委員会(FOMC)は、政策金利を0.25%引き上げ、年1.75-2.0%に することを決定しました。 また年内の利上げ予定回数を2回とし、年内の利上げは合計4回となる見込みとしています。 業種別S&P500種株価指数では全11業種中10業種が下げました。   ◆先物夜間取引の終値は22790 -120円安でした。 高値は22900 -10円安、安値は22780 -130円安でした。 米国株は米中貿易摩擦への警戒感や、年内の利上げ回数が増える見通しとなったことから下落しました。 トランプ米政権が中国からの輸入品への追加関税を早ければ15日に発動する可能性があると報じられ、 中国が報復関税でこれに対抗する可能性があることが投資家心理を冷やしました。  FOMCは通過しましたが、今晩には欧州中央銀行(ECB)理事会を控えており、 まだ積極的にポジションを取りづらい展開のなか、けさは円高ドル安もあって安く始まりました。 日経平均のテクニカル指標は高値圏を示唆するものが多い状態が続いています。 イベントドリブンの買い仕掛けが連日で相場の下支えとなっていましたが、結果的にこの買いは きょうの下落で含み損が発生しやすくなります。 これでさらに上値が重くなる可能性がありますので、引き続き戻りがあれば段階的に利益確定売りを 進めるイメージだと思います。   【5月24日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ... 続きを読む

6月13日 後場の相場概況

前場の日経平均は+56円高の22934円と3日続伸しました。 朝方は、円安ドル高を支えに高く始まると、米国株時間外取引が小高く推移したことから 先物買いも入って高値では+98円高の22976円まで上昇しました。 その後は、13日まで開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表など重要日程を控えて 積極的な売買は手控えられ、利益確定売りで上値の重い展開となりました。   ◆けさは、円安ドル高の流れを受けて上昇して始まりましたが、買い一巡後はFOMCや 欧州中央銀行(ECB)理事会の結果発表など重要日程を前にして様子見ムードが広がり、 上値が重くなりました。 米朝首脳会談は当初の予想通り、北朝鮮の非核化に向けた具体案に乏しい内容だったことから 日本株への影響は限定的で、午前の日経平均の値幅は約81円にとどまりました。 東証1部の売買代金は1兆1145億円ときょうも少なく、騰落銘柄数は値上がり1207銘柄、 値下がり767銘柄、日経225採用銘柄では値上がり155銘柄、値下がり60銘柄でした。 日経ジャスダック平均は5日続伸、東証マザーズ指数は小幅に反落しています。 3日連続で、昼休みの時間帯に先物が堅調に推移したことから後場は買い先行で始まっていますが、 米連邦公開市場委員会(FOMC)、ECB理事会、日銀金融政策決定会合などが控えるなか、 様子見ムードが続きやすい状況です。 日経平均は上値抵抗となっていたボリンジャーバンドの+1σ(前場試算値:22900円)を 前引けで上回りましたが、それにつれてテクニカル指標の上昇も続いています。 やはりまだ上昇する場面があれば段階的に利益確定売りを進めるイメージだと思います。   ◆5月23日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

6月13日 前場の相場概況

12日の米国株市場は NYダウが-1.58ドル安の25320.73ドルと5日ぶりに小反落、 ナスダックが+43.869ポイント高の7703.794ポイントと3日続伸しました。 米連邦公開市場委員会(FOMC)やパウエルFRB議長の会見を控えて様子見ムードが広がるなか、 ナスダックは主力株が堅調で、3日続伸して6日に付けた終値ベースの史上最高値を更新しました。 米朝首脳会談は、北朝鮮の非核化に向けた具体案が乏しく反応は限定的でしたが、 地政学リスクへの過度な警戒が後退したため軍需株の一角が売られました。    ◆先物夜間取引の終値は22800 -30円安でした。 高値は22870 +40円高、安値は22760 -70円安でした。 今回のFOMCでは追加利上げを決定するとの見方が大勢を占めるなか、投資家は今年の利上げ回数を 巡る手掛かりを得ようと、FOMC後の声明に注目しています。 13日の米連邦公開市場委員会(FOMC)や14日の欧州中央銀行(ECB)理事会などを控え、 積極的にポジションを取りづらい展開が予想されるなか米国株時間外取引は小幅高となり、 ドル円もやや円安になっていることからけさは小動きで始まりました。 手掛かり材料難ですが、日経平均のテクニカル指標は高値圏を示唆するものが増えています。 重要イベントでポジティブサプライズがあれば株価は反応すると思いますが、 引き続きまだ上昇する場面があれば段階的に利益確定売りを進めるイメージだと思います。 きのうの高値で回復した23000円台をもう一度試して上値の重さが確認された場合には、 戻り売り圧力が増すと思います。   【5月23日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ... 続きを読む