相場概況

4月19日 後場の相場概況

前場の日経平均は+137円高の22296円と5日続伸しました。 朝方は、日米首脳会談でトランプ大統領から為替や日本の金融政策を巡る発言が出なかったことで、 イベントを無難に通過したと受け止められて海外ヘッジファンドを中心に買い戻しが入りました。 先物にまとまった買いが入ったことから高値では+202円高の22360円まで上昇しましたが、 その後は戻り待ちの売りに押され、前引けにかけて上げ幅を縮小しました。 取引時間中としては2月28日以来、約2ヶ月ぶりの高値となっています。   ◆けさは、日米首脳会談をひとまず無難に通過したこと、米国株時間外取引が堅調に推移していること、 ドル円が落ち着いた動きになっていることが好感されて、高寄り後も上値を伸ばす場面がありました。 日米の通商問題に関してはネガティブな材料が出なかったことから、ひとまず無難にこなしたとの 見方ですが、一方で財務省の相次ぐスキャンダルなど内政では安倍首相の求心力低下につながる 不安材料が山積していることから、まだ慎重な見方も根強いようです。 東証1部の売買代金は1兆2755億円で、騰落銘柄数は値上がり1210銘柄、値下がり769銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり179銘柄、値下がり42銘柄でした。 日経ジャスダック平均は小幅に続伸しましたが、東証マザーズ指数は反落しています。 日米首脳会談を受けて、きのうから連日で売り方の買い戻しが入っており、これによって日経平均は 堅調な動きが続いていますが、テクニカル指標はおおかたが高値圏を示唆しています。 とくに象徴的なのが日経平均のサイコロジカルラインで、前引け試算値では75%に達しました。 つまり直近の12日間のうち9日間が前日よりも株価が上昇していることになります。 また前引けではボリンジャーバンドの+2σ(前場試算値:22275円)を上回っています。 ボリンジャーバンドは+2σから-2σの間で株価が推移する確率が約95.5%とされていることからも 高値警戒感が意識されます。 目先は売り方の買い戻しを誘う、買い方のペースになっていますが、やはり引き続き段階的に 利益確定売りを進めていくイメージだと思います。   ◆3月29日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

4月18日 後場の相場概況

前場の日経平均は+282円高の22130円と大幅に4営業日続伸しました。 朝方は、主要企業の好決算を受けて米国株が大幅上昇した流れを受けて高く始まりました。 その後も円安ドル高を支えに先物にまとまった買いが断続的に入ったことで、高値では +288円高の22136円まで上昇し、前引けにかけて高値圏で推移しました。 取引時間中での22000円台回復は2月28日以来ほぼ1ヶ月半ぶりです。 トランプ大統領が次期国務長官に指名したマイク・ポンペオ中央情報局(CIA)長官が、 今月北朝鮮を極秘訪問して金正恩氏と会談したと伝えられたため、北朝鮮情勢が安定化するとの 期待も投資家心理を後押ししました。   ◆けさは、米国株高を受けて高く始まりましたが、その後も円安ドル高や米朝首脳会談に向けて 両国の直接対話が行われていたこと、日米首脳会談での通商問題や為替に関する過度な懸念の後退などから 先物を中心とした買い戻しが入って上値を追う展開となりました。 米国のナスダック指数が約1ヶ月ぶりの高値水準まで回復したことで、ハイテク関連株にも 買い安心感が広がりました。 東証1部の売買代金は1兆3220億円、騰落銘柄数は値上がり1660銘柄、値下がり335銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり197銘柄、値下がり26銘柄でした。 裁定買いの影響から、ファーストリテが約30円、ファナックが約26円、ソフトバンクが約21円、 TDKが約16円など、日経平均を押し上げています。 地政学リスクの後退などを好感して、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに反発しました。 10日の高値21933円と13日の高値21917円で形成されていたダブルトップを上抜いて、 これを否定する格好になったことや、22000円を回復したことから、目先筋の買い戻しが 先物を中心に入りました。 日米首脳会談についても、ここへきて楽観視する方向に傾いており、これも後押しになった格好です。 ただテクニカル指標はより高値圏になってきていますので、株価の位置は上がりましたが、 引き続き段階的に利益確定売りを進めていくイメージだと思います。   ◆3月28日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

4月17日 後場の相場概況

前場の日経平均は+1円高の21837円とわずかに3営業日続伸しました。 朝方は、円高ドル安の動きが重しとなって小安く始まりましたが、その後は上昇に転じました。 高値では+54円高の21889円まで上昇する場面もありましたが上値は重く、 再度下落転換すると安値では-63円安の21772円まで下がりました。 売り一巡後は円高の一服や米国株時間外取引の上昇もあって持ち直しましたが、 総じて前日終値をはさんだ小幅な動きにとどまりました。   ◆けさは、円高ドル安が進んだことを嫌気して小幅安で始まりましたが、その後は前日終値近辺での 小幅なもみ合いとなり、前場の日経平均の値幅は約117円にとどまりました。 中国国家統計局が発表した1-3月期の実質国内総生産(GDP)は前年同期比6.8%増と、 市場予想の6.7%増を上回ったため、中国関連銘柄の一角には押し目買いが入って相場を 下支えしました。 ただ今晩からの日米首脳会談を控えて様子見ムードが強くなっており、東証1部の売買代金は 1兆572億円と少なく、騰落銘柄数は値上がりが583銘柄と全体の約28%にとどまり、 値下がり1387銘柄、日経225採用銘柄では値上がり84銘柄、値下がり127銘柄でした。 日経ジャスダック平均は続落し、取引時間中としては約2か月ぶりの安値を付けました。 東証マザーズ指数も続落しています。 日米首脳会談では、トランプ大統領が貿易不均衡の是正を求めるとの警戒感があり、企業決算の 本格化も控えていることから積極的には買いづらい雰囲気となっています。 新興市場が調整していることも、投資家心理を悪化させています。 テクニカル指標は高値圏にあるものがまだ多いなか、米国株時間外取引の上昇を支えに 踏みとどまっていますが、やはり戻りの重さは意識されています。 スタンスは変わらず、段階的に利益確定売りを進めていくイメージでいいと思います。 ※本日の大引け後のテクニカル指標の更新は通常よりも遅くなります   ◆3月27日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

4月16日 後場の相場概況

前場の日経平均は+55円高の21834円と続伸しました。 朝方は、米国株時間外取引の上昇を受けて小高く始まりました。 米英仏によるシリア攻撃は一過性となるとの見方が市場で広がり、地政学的リスクが後退したと 受け止められ、円高の動きが一服したこともあって海外勢を中心とした買いが入りました。 日経平均は高値では+100円高の21879円まで上昇しましたが、買い一巡後は上値が重く 前引けにかけて小幅レンジでのもみ合いとなりました。 今週は日米首脳会談を控えていることから様子見ムードも根強く、積極的に上値を買う動きは ありませんでした。   ◆けさは、米国株安、円高ドル安で終わった先週末の相場後に、米英仏によるシリア攻撃があったため 寄り付きに注目が集まりましたが、けさから始まった米国株時間外取引が大幅上昇となったことから、 小高く始まりました。 投資家の不安心理を表すとされる日経平均ボラティリティ―インデックス(VIX指数)も、 前週末に比べて3%程度下げており、リスク回避の動きが一時的に収束しています。 一方で国内政治の先行き不透明感が不安材料視されていることもあって売買を手控える 動きも目立ち、東証1部の売買代金は1兆211億円と少なく、騰落銘柄数は値上がり939銘柄、 値下がり1042銘柄、日経225採用銘柄では値上がり120銘柄、値下がり95銘柄でした。 日経ジャスダック平均は小反落、東証マザーズ指数は反落しています。 シリア情勢をめぐる過度な警戒感は後退しましたが、一部の世論調査で安倍内閣の支持率が20%台に 落ち込んだと伝わりました。 NNN(日本テレビなど)が13─15日に実施した世論調査では、内閣支持率が前月より 3.6ポイント減の26.7%となり、共同通信が14─15日実施した全国電話調査では 前回調査(3月31日─4月1日)から5.4ポイント減の37.0%でした。 テクニカル指標は高値圏にあるものがまだ多いなか、米国株時間外取引の上昇幅が 縮小していることや円高ドル安に振れ始めたことから、後場は上げ幅を縮小して始まっています。 やはり戻りの重さは変わりませんので、段階的に利益確定売りを進めていく方がいいと思います。   ◆3月第4週にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

4月13日 後場の相場概況

前場の日経平均は+111円高の21771円と3日ぶりに反発しました。 朝方は、シリア情勢の緊迫化後退で米国株高やドル高円安が進んだことから高く始まりました。 トランプ大統領が環太平洋連携協定(TPP)の復帰検討を指示したことが明らかとなり、 米国の保護主義姿勢への懸念も後退したことで、景気敏感株を中心に買い戻しが入りました。 円安が進むとともに先物買いも入って上げ幅を広げると、高値では+257円高の21917円まで 上昇しましたが、買い一巡後は円安が一服したことや米国株時間外取引の下落も重しとなって 利益確定売りから伸び悩みました。 本日算出の日経平均ミニ先物・オプション4月限のSQ推計値は21853円92銭でした。   ◆けさは、米国株高、円安ドル高から大きく上昇して始まりましたが、米国株時間外取引が 下落していることもあって、買い一巡後は利益確定売りに押されました。 日経平均ボラティリティ―インデックス(VIX指数)は、取引時間中としては今年2月2日以来、 約2ヶ月ぶりの水準まで低下しました。 東証1部の売買代金は1兆2939億円、騰落銘柄数は値上がり1150銘柄、値下がり848銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり157銘柄、値下がり66銘柄でした。 裁定買いの影響から、ファーストリテが約23円、ファナックが約15円、東京エレクが約13円、 TDKが約13円など日経平均を押し上げました。 日経ジャスダック平均は小幅に6営業日ぶりに反発、東証マザーズ指数も小幅に反発しています。 シリア情勢をめぐる過度な警戒感は後退しましたが、問題自体が解決したわけではなく、 米国がTPPに参加する可能性についても、実現へのハードルは高いと考えられますので、 市場はそう楽観視していないことが、前引けにかけての失速につながったと思います。 テクニカル指標は高値圏や高値圏に近い中立圏のものが多くなっており、米国株の振幅が大きい 状態も続いていますので、やはり段階的に利益確定売りを進めていくのがいいと思います。 前場の日経平均の高値が21917円で止まり、直近の高値である10日の高値21933円を 抜けなかったことも気になります。   ◆3月23日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む