相場概況

9月12日 後場の相場概況

前場の日経平均は-92円安の22571円と3日ぶりに反落しました。 朝方は、米国株高を好感して小高く始まると、高値では+44円高の22709円まで上昇しましたが、 買い一巡後は、先物売りで下落に転じました。 米国株市場で、半導体市況の先行きに対する警戒でフィラデルフィア半導体株指数(SOX)が 1%下落したことから、半導体関連株などが値を下げるなか上海株安も重しとなりました。 また日本工作機械工業会が発表した2018年8月の受注速報によると、外需の受注総額は 前年比4.4%減となり、世界景気の減速懸念から安値では-142円安の22522円まで 下落してその後も戻りは鈍くなりました。 東証1部の売買代金は1兆716億円、騰落銘柄数は値上がり302銘柄、値下がり1748銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり53銘柄、値下がり169銘柄でした。 ソフトバンクが約38円、日経平均を押し上げた一方、東京エレクが約21円押し下げています。 投資家心理の悪化で、日経ジャスダック平均は続落、東証マザーズ指数は反落しました。 前場試算値の日経平均のテクニカル指標はおおかたが中立圏に位置している状態です。 前引けのTOPIXは-0.72%安でしたので、後場は日銀のETF買いが意識されそうです。 きのうの買い仕掛けから一転して、きょうは短期筋の先物売りが重しとなりました。 金曜日の9月限SQ算出に向けて不安定な動きが続いていますが、SQ前後が高くなるのか 安くなるのかによって対処の仕方が大きく変わると思います。 基本的には現在の水準よりも上がるところがあれば段階的な利益確定売りを進め、 安くなるようであれば、買い場を探る準備をするというイメージだと思います。   ◆8月22日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

9月12日 前場の相場概況

11日の米国株市場は NYダウが+113.99ドル高の25971.06ドルと3日ぶりに反発、 ナスダックが+48.314ポイント高の7972.474ポイントと続伸しました。 米中貿易摩擦の激化が意識されるなか、新型の「iPhone」などを発表するとみられている アップルが大幅に上昇したほか、このところ軟調だった主力ハイテク株も持ち直しました。 NY原油先物(WTI)価格が5日ぶりに反発したことを受け、石油関連株も上昇しています。 ナスダックは、アップルの上昇がアマゾン・ドット・コムやアルファベット(グーグル)、 フェイスブックなど主力ハイテク株全体に波及しました。   ◆先物夜間取引の終値は22710 +60円高でした。 高値は22740 +90円高、安値は22540 -110円安でした。 米国株市場は朝方は大きく下げて始まりましたが、その後上昇に転じて堅調推移となるなか、 円安ドル高も進行したため先物も上昇に転じて終わりました。 けさは米国株時間外取引が小高く、ドル円が小動きのなか小高く始まっています。 日経平均のテクニカル指標は底値圏から中立圏に上昇したものが増えています。 金曜日の9月限SQに向けてココまでは上に荒れるSQ週になっていますが、 SQ値を高いところで算出したい投資家の買い仕掛けが続くようですと、 SQ前後が目先の高値になってくる可能性も出てきました。 上昇が続いた場合には、段階的に利益確定売りを進めるのが無難だと思います。 新興市場もリバウンドが大きくなっている銘柄に関しては利益確定売りでいいと思います。   【8月22日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ... 続きを読む

9月11日 後場の相場概況

前場の日経平均は+222円高の22595円と大幅続伸しました。 朝方は、米国株は高安まちまちでしたが円安ドル高に振れたことから高く始まり、円安の進行につれて 上げ幅を広げると、高値では+241円高の22614円まで上昇しました。 北海道地震による停電がほぼ解消し、台風21号による関西地方の被害も復旧が進んでいると伝わり、 企業活動が徐々に再開していることから、これらを材料に売っていた投資家の買い戻しが 相場を押し上げました。 先物は買い戻しが活発となって売買が増えましたが、米国発の貿易摩擦への警戒感は根強く、 現物株は引き続き低調な売買になりました。 東証1部の売買代金は9353億円、騰落銘柄数は値上がり840銘柄、値下がり1165銘柄、 値下がり760銘柄、日経225採用銘柄では値上がり141銘柄、値下がり76銘柄でした。 ファーストリテが約50円、日経平均を押し上げています。 日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落しています。 前場試算値の日経平均のテクニカル指標はまだ底値圏を示唆するものが多い状態です。 前引けの日経平均は+0.99%の上昇でしたが、TOPIXは+0.39%の上昇にとどまり、 東証1部全体では値上がり銘柄よりも値下がり銘柄の方が多く、取引も低調でした。 日経先物への買い戻しが進んだことで日経平均は上昇しましたが、市場全体としては 盛り上がりに欠けています。 金曜日の9月限SQ算出に向けてこの流れが続くようですと、SQ前後が目先の高値となって その後反動安が起こる可能性も出てきました。 運よく安いところで買えたものは、段階的に利益確定売りをしていく方が無難かもしれません。   ◆8月21日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

9月11日 前場の相場概況

10日の米国株市場は NYダウが-59.47ドル安の25857.07ドルと続落、 ナスダックが+21.619ポイント高の7924.160ポイントと5日ぶりに反発しました。 4週ぶりに下落した先週の反動からの押し目買いや、ロイター通信などが下院の共和党が週内にも 減税政策の第2弾を発表すると報道したことから減税による景気への好影響を期待する動きで NYダウは一時+120ドル超の上昇となりましたが、買い一巡後は米中貿易摩擦を巡る不透明感から 売りが優勢となって下落に転じました。 一方でナスダックは、マイクロソフトやフェイスブック、エヌビディアなど主力株の一角が上昇し、 クアルコムやブロードコムなど半導体関連株も持ち直しました。   ◆先物夜間取引の終値は22450 +90円高でした。 高値は22498 +138円高、安値は22360 変わらずでした。 米国株市場は高安まちまちとなりましたが、やや円安ドル高が進行したため先物は高くなりました。 けさは米国株時間外取引が小高く、ドル円が小動きのなか高く始まっています。 日経平均のテクニカル指標は底値圏を示唆するものが多い状態が続いています。 今週は金曜日に9月限SQを控えていますので荒れるSQ週になる可能性が残りますが、 やはり下落するところがあれば段階的な買い下がりだと思います。 もしSQに向けて売り仕掛けがあった場合には、直近の安値である21851円を試しに 行く場面があるかもしれませんので、余裕を持った買い下がりがいいと思います。 トランプ大統領の通商政策に絡んだ発言などが相場を大きく動かすかもしれませんので、 あくまでも買い下がるイメージが無難だと思います。 新興市場もリバウンド狙いで買い下がるスタンスでいいと思います。   【8月21日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ... 続きを読む

9月10日 前場の相場概況

7日の米国株市場は NYダウが-79.33ドル安の25916.54ドルと反落、 ナスダックが-20.185ポイント安の7902.541ポイントと4日続落しました。 米中貿易摩擦激化への警戒感から、米国株市場は主要3指数がそろって下落しました。 朝方発表された8月の米雇用統計で、非農業部門の雇用者数は20万1000人増と、 前月から伸びが加速して市場予想の19万1000人増を上回りました。 時間当たり平均賃金は前年比で2.9%上昇と、2009年6月以来の高い伸びを記録し、 利上げ継続観測が強まったことも相場の重しとなりました。 トランプ大統領が中国製品に対する追加関税を巡って、足元で検討している2000億ドル分のほかにも 自分が望めば短期間で2670億ドル分を追加する準備もあると述べたとメディアが報じたことから、 米政権が貿易問題に対する強硬姿勢を強めているとの見方を誘い、海外事業の比率が高い銘柄を 中心に売られました。 週間では、ダウが-0.19%安、ナスダックが-2.55%安、S&P500が-1.03%安と、 主要3指数はそろって下落しました。  10(月)国内4-6月期GDP改定値、中8月消費者物価・8月生産者物価 12(水)米8月卸売物価・米地区連銀経済報告(ベージュブック) 13(木)国内7月機械受注、ECB定例理事会、米8月消費者物価・新規失業保険申請件数 14(金)9月限SQ、中8月鉱工業生産・8月小売売上高、米8月小売売上高・8月鉱工業生産   ◆週末の先物夜間取引の終値は22330 -50円安でした。 高値は22440 +60円高、安値は22250 -130円安でした。 米国株は下落しましたが円安ドル高が進行したため、先物は小幅安でとどまりました。 けさは米国株時間外取引が小高く、ドル円がやや円高のなか、小安く始まっています。 週末の日経平均のテクニカル指標は底値圏を示唆するものが増えました。 今週は金曜日に9月限SQを控えていますので荒れるSQ週になるかもしれませんが、 ココから下落するところがあれば段階的な買い下がりでいいと思います。 もしSQに向けて売り仕掛けがあった場合には、直近の安値である21851円を試しに 行く場面があるかもしれませんので、余裕を持った買い下がりがいいと思います。 以前書きましたようにTOPIXの1750~1800ポイントの間は売買が非常に多かった 価格帯ですが、金曜日の終値1684.31ポイントからは距離もありますので、 1750ポイント近辺までのリバウンドを取りに行くというスタンスで買うのが無難かもしれません。 ちなみに日経平均でいうと23000円前後の水準がひとつの目標になります。 新興市場も同じように、リバウンド狙いの買い下がりでいいと思います。   【8月第3週にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ... 続きを読む

9月7日 後場の相場概況

前場の日経平均は-223円安の22264円と大幅に6日続落しました。 朝方は、米国株市場でのハイテク株下落や110円台に進んだ円高ドル安を嫌気して安く始まりました。 台風や北海道地震などが景気や企業業績に与える悪影響が懸念されるなか、米国による対中追加関税の 発動が警戒されたほか日米貿易摩擦も意識され、安値では-277円安の22210円まで 下げ幅を広げる場面がありましたが、上海株の上昇が投資家心理を下支えしました。 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が、トランプ大統領が日本に対して貿易赤字の削減を 強く求める姿勢を示したと報じたことをきっかけに、日米貿易摩擦問題が改めて意識されました。 米ブルームバーグ通信が、米国とカナダと北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉について 週内に妥結する可能性は低いと伝えたことから、通商問題に対する米国の強硬な姿勢が警戒されました。 東証1部の売買代金は1兆173億円、騰落銘柄数は値上がり510銘柄、値下がり1500銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり54銘柄、値下がり166銘柄でした。 東京エレクが約41円、ファーストリテが約17円など、日経平均を押し下げています。 投資家心理の悪化で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続落しています。 前場試算値の日経平均のテクニカル指標は底値圏を示唆するものが増えてきました。 前場のTOPIXは-0.74%安でしたので、後場は日銀のETF買いが意識されそうです。 日経平均は25日線(前場試算値:22492円)や75日線(前場試算値:22452円)、 200日線(前場試算値:22412円)を大きく下回って始まると、前場の安値では 52週線(前場試算値:22213円)水準の22210円で下げ止まりました。 ココからは段階的に買い場を探るイメージでいいと思いますが、直近の安値である8月13日の安値 21851円を試しに行く可能性もありますので、余裕を持った段階的な買い下がりがいいと思います。 新興市場も余裕を持った段階的な買い下がりのイメージでいいと思います。   ◆8月17日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

9月7日 前場の相場概況

6日の米国株市場は NYダウが+20.88ドル高の25995.87ドルと続伸、 ナスダックが-72.447ポイント安の7922.726ポイントと3日続落しました。 米国とカナダの北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉で進展が見られないなか、 8月ADP雇用統計で非農業分野の雇用者数が前月比16万3000人増と市場予想平均の 20万人増に届かなかったことが相場の重しになりました。 業績不透明感から半導体関連株の一角に売りが広がり、主要IT(情報技術)株の下げも続きましたが、 ボーイングの上昇がダウを押し上げ、割安感などからディフェンシブ銘柄や資本財関連などへの 買いも下支えとなりました。 ナスダックは、アマゾン・ドット・コムやフェイスブックなど、大型ハイテク株全般に持ち高調整や 利益確定を目的とした売りが出て3日続落しました。   ◆先物夜間取引の終値は22400 -80円安でした。 高値は22560 +80円高、安値は22369 -111円安でした。 NYダウは小動きながらナスダックは大幅安となり、円高ドル安進行も嫌気されて先物は軟調でした。 けさは米国株時間外取引が小安く、やや円高ドル安が進んでいることから安く始まっています。 日経平均のテクニカル指標は底値圏を示唆するものと、底値圏に近づくものが増え始めました。 今晩の8月米雇用統計の発表などを前にきょうも積極的な売買が手控えられそうですが、 日経平均は25日線(6日現在:22503円)を割り込む水準まで下落してきました。 けさはそれをさらに下回ってきていますが、23000円前後での強い戻り売りイメージから、 少しずつ買い場探しに目線を変えていっていいと思います。 まだ明確に段階的な買い下がりを開始するイメージではありませんが、現段階では 200日線(6日現在:22412円)を割り込んで勢いがついている水準では、 26週線(6日現在:22296円)や52週線(6日現在:22218円)をメドにしながら、 打診買いを準備するスタンスでいいと思います。 新興市場も、好業績期待がありながらまだ安値圏にある銘柄にはリバウンド期待が持てそうです。   【8月17日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ... 続きを読む

9月6日 後場の相場概況

前場の日経平均は-52円安の22528円と5日続落しました。 朝方は、米国のハイテク株安に加えて、台風21号に続いて北海道で地震が発生するなど 災害が相次いでいることが投資家心理を冷やして安く始まりました。 安値では-164円安の22416円まで下落し、取引時間中としては8月24日以来 約2週間ぶりに22500円を割り込みましたが、売り一巡後は上海株の上昇などを受けて 押し目買いで下げ幅を縮小しました。 一方で、米7月貿易収支で対中国の赤字が過去最高の水準に膨らみ、制裁効果がみられないことから 第3弾の制裁発動に向けて警戒感が高まる可能性も懸念されています。 東証1部の売買代金は1兆584億円、騰落銘柄数は値上がり591銘柄、値下がり1407銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり85銘柄、値下がり133銘柄でした。 日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続落しています。 前場試算値の日経平均のテクニカル指標は底値圏を示唆し始めるものや、底値圏に近づくものが 増えてきました。 前場のTOPIXは-0.51%安でしたので、後場は日銀のETF買いが意識されそうです。 日経平均は最初の下値メドである25日線(前場試算値:22504円)を取引時間中に下回ったあと、 前引けではこれを回復しています。 株価チャート的にも、大きく下げて始まったあとに終値が始値を上回る陽線になったことは 良い兆候と言えます。 きょうの終値でも日足が同じように陽線になった場合には、戻り売りスタンスから押し目買い目線に 変えていいかもしれません。 まだ明確な買いイメージではありませんので、一段と調整が進んだ場合には段階的に買い場を探る という感じにはとどまりますが、それなりに調整が進みましたので目先はリバウンド狙いに なりつつあると思います。 新興市場も全体としては押し目買いに変わってきていると思いますが、買うのであればある程度調整が 進んでいる銘柄の方が無難だと思います。   ◆8月16日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

9月6日 前場の相場概況

5日の米国株市場は NYダウが+22.51ドル高の25974.99ドルと4日ぶりに反発、 ナスダックが-96.073ポイント安の7995.173ポイントと続落しました。 米国とカナダによる北米自由貿易協定(NAFTA)の行方を見極めたいとして、模様眺めムードが 広がるなか、規制強化への懸念からハイテク株が売られました。 トランプ政権が今週にも、2000億ドル相当の中国製品へ追加関税を発動する可能性が あることから、米中貿易摩擦に対する警戒感も投資家心理の重しとなりました。   ◆先物夜間取引の終値は22520 -40円安でした。 高値は22610 +50円高、安値は22480 -80円安でした。 NYダウは小動きでしたがナスダックが大幅安となりましたので、先物は軟調でした。 けさは米国株時間外取引が安く推移するなか、やや円高に振れていることもあって安く始まっています。 日経平均のテクニカル指標は総じて中立圏になり、なかには底値圏に近づくものも出始めました。 金曜日の8月米雇用統計の発表などを前にきょうも積極的な売買が手控えられそうですが、 日経平均は25日線(5日現在:22504円)を割り込む水準まで下落してきましたので、 最低限のスピード調整はできたと考えられます。 まだ十分な調整とは言えませんが、23000円前後での強い戻り売りイメージから、 少しずつ買い場探しに目線を変えていくところかもしれません。 明確に段階的な買い下がりを開始するイメージには至っていませんが、ココから大きく下がる ところがあれば、打診買いを準備するくらいのスタンスでいいと思います。   【8月16日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】 ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ... 続きを読む