2019年2月19日

【シグナル配信銘柄】1月29日分の実績です

日経平均は+20円高の21302円と小幅続伸しました。 朝方は、きのうの米国株市場が休場のため手掛かり材料難のなか、前日終値を挟んでもみ合いました。 後場に入っても小幅なもみ合いが続き、円安ドル高歩調にあわせて高値では+62円高の 21344円まで上昇しましたが、海外勢の取引が低調で薄商いに終始しました。 黒田日銀総裁が衆院財務金融委員会に出席し、円高で経済、物価に何らかの影響が出た場合、 物価安定目標の達成に必要ならば追加緩和を検討すると述べたことから、わずかに円安株高と なりましたが買い一巡後は上値の重い動きとなりました。 東証1部の売買代金は1兆8570億円と1月28日以来の2兆円割れとなり、騰落銘柄数は 値上がり1049銘柄、値下がり976銘柄、日経225採用銘柄では値上がり128銘柄、 値下がり86銘柄でした。 ソフトバンクが約38円、ファーストリテが約12円、日経平均を押し下げています。 日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続伸しています。 日経平均のテクニカル指標は、おおかたが高値圏入りしている状況です。 きょうはさらに薄商いとなるなか、黒田日銀総裁の発言を受けて散発的に先物買いが入る場面も ありましたが、きのうの日経平均が約2ヶ月ぶりの高値となったことなどもあって、 高値警戒感も強く意識されました。 終値ではボリンジャーバンドの+2σ(今日現在:21259円)を上回っていますが、 利益確定売りを確実に進めていく水準に来てはいると思います。 8日の安値20315円からきょう更新した高値21344円までの上昇の半値押しである 20829円や、12月3日高値22698円から12月26日安値18948円までの下落の 半値戻しである20823円、上昇中の25日線(今日現在:20764円)を試しに行くような 調整がいつ始まってもおかしくないので、目先は段階的に売り上がっておくのがいいと思います。   ◆1月29日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む