【シグナル配信銘柄】12月3日分の実績です

日経平均は-226円安の20166円と大幅に4日続落しました。

朝方は、米国株が連日で大幅安したことや、円高ドル安の進行を嫌気して安く始まると、

上海株の下落も重しとなって安値では-385円安の20006円まで下落しました。

後場に入ると、日銀のETF買い期待などで下げ渋りましたが、3連休を控えていることから

戻りも鈍い展開で、終始持ち高調整の売りに押されました。

東証業種別株価指数は全33業種が値下がりし、日経平均は連日で年初来安値を更新して

17年9月15日の終値19909円以来ほぼ1年3ヶ月ぶりの安値水準で終わりました。

東証1部の売買代金は3兆5573億円、騰落銘柄数は値上がり225銘柄、値下がり1886銘柄、

日経225採用銘柄では値上がり24銘柄、値下がり199銘柄でした。

日経ジャスダック平均は6日続落、東証マザーズ指数は大幅続落でともに年初来安値を更新しました。

日経平均のテクニカル指標は、総じて底値圏を示唆する水準になっています。

東証1部全体で年初来安値は1335銘柄となり、日経平均は4日間で1300円あまり下落して

TOPIX、JPX400とともにそろって年初来安値を更新しています。

日経平均の25日線かい離率は一般的に底値圏のメドとなる-5%を超えて-6.61%となりました。

きょうは3連休を前にして、信用取引や先物などの追証発生に伴う処分売りに加えて、見切り売り、

年内最終受け渡しを25日に控えた換金売り、順張り系ファンドの追撃売りなどから

心理的なフシ目の20000円割れを試す展開となりましたが、

すでに目先は売られ過ぎ水準まで来ていると思います。

まだ不安定さは否めませんが、段階的に買い下がっていい水準まで来ていると思いますし、

新興市場を含めてリバウンド入りは近いと思います。

後から振り返れば、日経平均の20000円絡みは買いだった、と思うような展開に

なると思っています。

 

◆12月3日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「ためしに、どんな銘柄でシグナル点灯しているか見てみたい」など、単発で1配信のみをご購読される場合は、

1配信:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村