2018年12月17日

【シグナル配信銘柄】11月27日分の実績です

日経平均は+132円高の21506円と反発しました。 朝方は、先週末の日経平均が-441円安と大きく下げていたため、自律反発狙いの買いで 上昇して始まりました。 その後は下落に転じる場面もありましたがすぐに切り返し、高値では+188円高の21563円まで 上昇しました。 後場はやや上値の重い動きとなりましたが、先物を売っていた短期筋などによる自律反発を見込んだ 買いが相場全体を押し上げました。 一方で現地18日から19日まで開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えていることから 様子見気分となり、売買は低調で東証1部全体では値下がり銘柄の方が多くなっています。 東証1部の売買代金は2兆651億円、騰落銘柄数は値上がり648銘柄、値下がり1420銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり119銘柄、値下がり99銘柄でした。 日経ジャスダック平均は続落で年初来安値を更新して1年3ヶ月ぶりの安値水準となり、 東証マザーズ指数も大幅続落で約1ヶ月半ぶりの安値となっています。 日経平均のテクニカル指標は、おおかたが中立圏にあります。 きょうはFOMC待ちで超閑散な相場となるなか、日経平均は5日線(今日現在:21489円)と 25日線(今日現在:21796円)の間に戻して終わりました。 ある意味居心地の良い水準ではありますが、値下がり銘柄数の方が多いことや新興市場の下落を 見ると市場心理はまだ不安定ですし、日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)は 20.65と2営業日連続で20を超えて比較的高めに推移しています。 再度売られ直すパターンもありえますので、いまは押し目を待つくらいのスタンスで 積極的な売買は控えるのが無難かもしれません。   ◆11月27日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む