2018年11月29日

【シグナル配信銘柄】11月8日分の実績です

日経平均は+85円高の22262円と5日続伸しました。 朝方は、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ打ち止めが想定よりも早まるとの思惑で 米国株が大幅に3日続伸したことを受けて高く始まると、高値では+260円高の22437円まで 上昇しましたが、買い一巡後は円高ドル安の進行から利益確定売りで伸び悩みました。 米国株時間外取引の下落などを受けて、小売りなどの内需関連株に利益確定売りが出たことが 全体の重しとなり、後場終盤には+64円高の22241円まで上げ幅を縮小しました。 あすは週末と月末が重なることや、20カ国・地域首脳会議(G20)を控えることもあり、 積極的にポジションを取る動きはみられませんでしたが、日経平均が5連騰となるのは 9月13-26日にかけて8連騰となって以来、約2ヶ月ぶりです。 東証1部の売買代金は2兆5303億円、騰落銘柄数は値上がり1301銘柄、値下がり730銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり136銘柄、値下がり83銘柄でした。 日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに5日続伸しています。 日経平均のテクニカル指標は、高値圏を示唆するものが徐々に増えています。 米国株高を背景に買い戻しから5日続伸しましたが、G20や米中首脳会談を控えていることから その後は急速に伸び悩みました。 短期的にはやや買われ過ぎの水準に入ってきていますし、やはりまだリバウンドがあれば 下で買えたものは段階的に利益確定売りを進めるイメージだと思います。   ◆11月8日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む