2018年11月20日

【シグナル配信銘柄】10月31日分の実績です

日経平均は-238円安の21583円と大幅反落しました。 朝方は、ハイテク株中心に米国株が大幅下落したことを嫌気して安く始まると、安値では -294円安の21526円まで下落しました。 売り一巡後は下げ渋りましたが、昼休みの時間帯に上海株が一段安となったことから 後場に入ると再度安値圏まで売られ直しました。 その後は日銀のETF買い期待などから下げ渋る場面もありましたが戻りは鈍く、 アジア株が軒並み下げたことから値がさ株や電子部品株を中心に売られて 大引けにかけて上値の重い展開となりました。 米半導体株安を受けて半導体関連株の下げが目立ったなか、上海株が下げ幅を広げるにつれて 先物に断続的な売りが出たことも相場の重しとなりました。 東証1部の売買代金は2兆3369億円、騰落銘柄数は値上がり734銘柄、値下がり1294銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり98銘柄、値下がり125銘柄でした。 ソフトバンクが約50円、リクルートが約20円など、日経平均を押し下げました。 日経ジャスダック平均は小幅反落、東証マザーズ指数は大幅反落しています。 日経平均のテクニカル指標は底値圏でさらに調整するものが増えています。 カルロス・ゴーン会長の逮捕や米国株の大幅下落の割にはきょうの下落は限定的でしたが、 やはり11月30日、12月1日にアルゼンチンで開かれるG20(主要20カ国・地域)で 予定されている米中首脳会談に向けてやや神経質な動きにはなっています。 一方で、米感謝祭から始まるホリデーシズンの商戦は好調となって投資家心理が改善してくることにも 期待が集まっており、やはり目先的には段階的な買い下がりでいいと思います。 日経平均の13日の安値21484円を試しに行く可能性が現実味を帯びてきましたので、 できればこれを割り込んで下落に勢いがついた場面を買い下がりたいイメージです。   ◆10月31日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む