2018年10月19日

【シグナル配信銘柄】9月28日分の実績です

日経平均は-126円安の22532円と続落しました。 朝方は、中国の景気減速懸念や米金利上昇への警戒感から米国株が大幅下落した流れを受けて 安く始まると、安値では-445円安の22212円まで下落しました。 売り一巡後は、米国株時間外取引が落ち着いた動きとなったことや円安ドル高基調から 押し目買いで徐々に下げ渋りました。 後場は、日銀のETF買い期待や上海株が上げ基調を強めたことなどから、大引けにかけて 下げ幅を縮めました。 一方で、来週から発表が本格化する国内主要企業の18年4-9月期決算を見極めたいとして、 積極的な取引を手控える雰囲気も強く、売買は低調でした。 東証1部の売買代金は2兆3989億円、騰落銘柄数は値上がり616銘柄、値下がり1409銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり45銘柄、値下がり171銘柄でした。 日経ジャスダック平均は4営業日ぶりに反落、東証マザーズ指数は続落しました。 日経平均のテクニカル指標は再度底値圏のものや底値圏に近づくものが増えてきました。 日経平均は大きく下げて始まりましたが、終値ではほぼ5日線(今日現在:22570円)の 水準まで回復し、200日線(今日現在:22499円)を上回りました。 直近安値である15日の安値22261円を下回る22212円まで売られたところからは 押し目買いや買い戻しが戻りをけん引した格好です。 世界的な株安のきっかけとなった中国で上海株が、中国の7-9月期国内総生産(GDP)が 物価変動を除く実質で前年同期比6.5%増となり、伸び率が4-6月期から縮小して市場予想も 下回りましたが景気減速はある程度織り込み済みとして安く始まったあとに上昇に転じたことも 投資家心理の後押しとなりました。 来週からの決算発表を前に根強い好業績期待もありますので、売られ過ぎると買いは入る水準に あると思います。 新たな好材料が出ない限りは、当面は下がれば押し目を買っても、リバウンドがあればこまめに 利益を確定していくくらいのスタンスが無難かもしれません。   ◆9月28日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む