2018年9月28日

【シグナル配信銘柄】9月6日分の実績です

日経平均は+323円高の24120円と大幅反発しました。 朝方は、米国株高に加えて年初来安値圏まで円安ドル高が進んだことから高く始まりました。 その後も上海株高などが支えとなり、後場寄り付きには高値で+489円高の24286円まで 上昇し、今年1月23日の取引時間中の高値24129円を超えて1991年11月以来となる 約27年ぶりの高値をつけました。 買い一巡後は利益確定売りで上げ幅を縮小しましたが、業績改善期待から機械や電気機器など 輸出関連株を中心にほぼ全面高となりました。 1月23日の終値ベースの年初来高値24124円を取引時間中には上回りましたが、 終値では下回りました。 東証1部の売買代金は3兆1929億円、騰落銘柄数は値上がり1399銘柄、値下がり623銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり189銘柄、値下がり32銘柄でした。 ソフトバンクが約57円、ファーストリテが約45円など、日経平均を押し上げています。 日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反発しました。 日経平均のテクニカル指標はまだ軒並み高値圏を示唆しています。 9月第3週(9月18日~9月21日)の海外投資家による日本の現物株と先物合計の売買は、 1兆4968億円の買い越しとなりました。 買い越しは2週連続で、規模としては2014年11月第1週の2兆2263億円以来、 3年10ヶ月ぶりの大きさとなっています。 個人は6738億円の売り越し、信託銀行は1362... 続きを読む