【シグナル配信銘柄】9月5日分の実績です

日経平均は-237円安の23796円と9日ぶりに大幅反落しました。

朝方は、米国株安や米連邦公開市場委員会(FOMC) 後に円高ドル安に振れたこと、

連日の上昇で相場の過熱感が意識されていたことなどから安く始まりました。

その後は押し目買いで24000円台を回復する場面もありましたが、後場に入ると先物に断続的な

売りが出たことなどから安値では-255円安の23778円まで下落しました。

日経平均が約8ヶ月ぶりの高値圏にあることから短期的な過熱感を警戒した売りのほか、

後場にかけては国内投資家から中間期末接近に伴う売りが出たとの見方もありました。

また日経平均の25日移動平均線からの上方かい離率がテクニカル分析で過熱感があるとされる

+5%に迫ったことも、利益を確定売りを呼びました。

一方で、日米首脳会談で米政府が輸入自動車への追加関税を当面発動しない見通しになり、

北米市場依存度が高いSUBARUやマツダが買われました。

東証1部の売買代金は2兆8110億円、騰落銘柄数は値上がり342銘柄、値下がり1730銘柄、

日経225採用銘柄では値上がり45銘柄、値下がり176銘柄でした。

ファナックが約30円、東京エレクが約21円など、日経平均を押し下げています。

日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに4営業日ぶりに反落しました。

日経平均のテクニカル指標はまだ軒並み高値圏を示唆しています。

心理的なフシ目の24000円をつけたことで達成感が出やすいなか、短期的な過熱感が

強く意識されて利益確定売りに押されました。

ココまで上昇が続いていたことで、買って利益を積み上げたヘッジファンドなどが、

今度は売り崩して利益を追求するのではとの警戒感もあったと思います。

あすは中間期末の評価が決まるところですが、基本的にはまだ水準としては高い位置に

ありますので、来週以降も調整入りには注意したいところです。

中途半端な位置で押し目買いに入ると、思わぬ下落に巻き込まれる可能性がありますので、

ある程度のスピード調整が起こるまでは買いのイメージは持てません。

新興市場も連れ安する可能性がありますので、全体的に積極的に参加する位置ではないと

思います。

 

◆9月5日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「ためしに、どんな銘柄でシグナル点灯しているか見てみたい」など、単発で1配信のみをご購読される場合は、

1配信:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村