2018年9月13日

【シグナル配信銘柄】8月24日分の実績です

日経平均は+216円高の22821円と反発しました。 朝方は、7月機械受注が市場予想平均を上回ったことや、米政府が中国に貿易問題をめぐる閣僚級協議の 再開を打診したと報じられたことから、通商摩擦への過度な警戒感が後退して高く始まりました。 高値では+253円高の22858円まで上昇しましたが、買い一巡後は手掛かり材料に乏しいなか 上値が重くなり、22800円前後でのもみ合いが続きました。 後場は高値圏での小動きに終始し、日経平均の値幅は約50円にとどまりましたが、 ほぼ2週間ぶりの高値で終わっています。 東証1部の売買代金は2兆3463億円、騰落銘柄数は値上がり1511銘柄、値下がり513銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり186銘柄、値下がり37銘柄となっています。 ファーストリテが約59円、ソフトバンクが約55円など日経平均を押し上げました。 日経ジャスダック平均は小幅反発、東証マザーズ指数は小幅続落しました。 日経平均のテクニカル指標はおおかたが中立圏ですが、なかには高値圏に近づくものも出てきました。 あすの9月限SQに向けて今週は完全に上に荒れるSQ週となっていますが、きょうもSQ値を上で 決めたい投資家による先物の買い仕掛けが大きく影響し、それに伴って裁定買いが入って ファーストリテとソフトバンクはともに年初来高値を更新しました。 月曜日の安値からきょうの高値まではすでに約609円の上昇となっていますが、目立った買い材料が あったわけではありませんので、反動安が出やすい状況は近づいていると思います。 過去の傾向としてSQ前後が相場の転換点になりやすいことからも、目先は段階的に 利益確定売りを進めていくところだと思います。   ◆8月24日にシグナル配信した銘柄はありませんでした◆ ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む