【シグナル配信銘柄】8月3日分の実績です

日経平均は+48円高の22410円と3日続伸しました。

朝方は、円安ドル高を好感して高く始まると、上海株が反発して始まったことも追い風となって

高値では+100円高の22463円まで上昇しました。

後場は、午後1時すぎに米中双方が関税引き上げを発動しましたが、上海株が上昇に転じたことから

買い安心感が広がり、堅調な展開となりました。

 

◆けさは、円安を好感して高く始まると、上海株が反発したことも投資家心理を改善させて

堅調な展開となりました。

アジアやオセアニアでの出店拡大が伝わったファーストリテが1銘柄で日経平均を約51円押し上げて

相場をけん引し、上海株の上昇にあわせて先物に買い戻しが入りました。

後場は、米中両政府の事務レベルによる貿易協議や、米カンザスシティー連銀主催の

経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)でのパウエルFRB議長の講演を控えて

積極的な売買を見送る投資家が多く、小動きになりました。

東証1部の売買代金は1兆8214億円と5日連続で2兆円を下回っており、5日連続の

2兆円割れは2017年12月25日から29日以来となります。

騰落銘柄数は値上がり1317銘柄、値下がり678銘柄、日経225採用銘柄では

値上がり100銘柄、値下がり117銘柄となっています。

日経ジャスダック平均は続伸して約2週間ぶりの高値となり、東証マザーズ指数も続伸しました。

日経平均のテクニカル指標は総じて中立圏ですが、高値圏に近づくものも出始めました。

きょうの日経平均の高値は22463円と、75日線(今日現在:22465円)水準で止まって

25日線 (今日現在:22447円)を下回って終わりました。

心理的なフシ目の22500円を含め上値抵抗となりやすいものが並ぶなか、2日連続で

5日線 (今日現在:22292円)と25日線 (今日現在:22447円)の間で終わり、

引け値は200日線(今日現在:22404円)水準でした。

まだテクニカル指標に過熱感を示唆するものはありませんが、戻りがあれば段階的に

利益確定売りを進めるのが無難かもしれません。

新興市場の方もリバウンドが大きくなっている銘柄については、一度利食っておくのも

いいかもしれません。

 

◆8月3日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「ためしに、どんな銘柄でシグナル点灯しているか見てみたい」など、単発で1配信のみをご購読される場合は、

1配信:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村