8月22日 後場の相場概況

前場の日経平均は+101円高の22321円と続伸しました。

朝方は、米国株高を支えに小高く始まりましたが、その後は日本時間早朝にトランプ大統領の

元弁護士が選挙法違反の疑いなどで罪を認めたと伝わったことから、米政局不安への懸念で

米国株時間外取引が大幅下落し、これを嫌気して売られる場面がありました。

売り一巡後はドル円の落ち着きもあり、下値は限定的だったことから再度プラス圏に浮上しました。

前引けにかけては断続的な買いが入り、高値では+108円高の22328円まで上昇しました。

 

◆けさは、米国株高や円高一服を手掛かりに小高く始まりましたが、トランプ大統領の元個人弁護士が

選挙資金法違反などの罪やトランプ大統領の関与を認めたと伝わったことから米政局の不透明感や、

上海株市場が弱含みで推移したことから、下落に転じる場面がありました。

米中通商協議の再開や米国のジャクソンホール会議など重要イベントを控え、

引き続き様子見ムードで売買は低調でした。

東証1部の売買代金は9372億円、騰落銘柄数は値上がり1521銘柄、値下がり502銘柄、

日経225採用銘柄では値上がり178銘柄、値下がり43銘柄でした。

日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反発しています。

前場試算値の日経平均のテクニカル指標はおおむね中立圏のものが目立ちます。

薄商いが続いていることから、先物による短期売買に振らされる展開も続いています。

昼休みの時間帯に米国株時間外取引の下げ幅が縮小し、円安ドル高に振れていますが、

やはり株価チャートが整ってくるまではもう少し様子見が無難だと思います。

新興市場に関しては大底圏に入ってきていると思いますので、安いところがあれば

余裕を持った段階的な買い下がりでいいと思います。

 

◆8月1日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「ためしに、どんな銘柄でシグナル点灯しているか見てみたい」など、単発で1配信のみをご購読される場合は、

1配信:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪

    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村