8月17日 後場の相場概況

前場の日経平均は+117円高の22309円と3日ぶりに反発しました。

朝方は、米中貿易戦争激化に対する警戒感がやや後退したことで欧米株が上昇したことや、

ドル円が落ち着いた動きとなったことを受けて高く始まりました。

高値では+148円高の22340円まで上昇し、前引けにかけて高値圏で推移しました。

景気敏感株や金融株中心に買い戻されましたが、一方で半導体関連株が総じて安く、

日経平均の上値を押さえました。

 

◆けさは、米中貿易摩擦の激化懸念が和らいで欧米株が上昇したことや、やや円安ドル高に振れたことを

好感して高く始まりました。

米国株時間外取引が高いことや、上海株が底堅い動きとなったことも買い安心感につながりましたが、

一方で半導体関連株が総じて安くなって日経平均の上値を押さえ、週末要因もあって売買は低調です。

東証1部の売買代金は8934億円、騰落銘柄数は値上がり1498銘柄、値下がり500銘柄、

日経225採用銘柄では値上がり182銘柄、値下がり38銘柄でした。

日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反発しています。

前場試算値の日経平均のテクニカル指標はおおむね中立圏に上昇しました。

前引けの日経平均はボリンジャーバンド-1σ(前場試算値:22302円)を上回りました。

きのうの前場の急落のあとは日経平均ばかりが戻していましたが、きょうは薄商いですが

市場全体に買いが入っている印象です。

下落があれば買い、というイメージのところからはある程度戻りがあったわけですが、

次のイメージはまだ明確には持てない状況です。

新興市場はまだ段階的な買い下がりに投資妙味がありそうですが、大型株に関しては

また少し様子見かもしれません。

 

◆7月27日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「ためしに、どんな銘柄でシグナル点灯しているか見てみたい」など、単発で1配信のみをご購読される場合は、

1配信:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪

    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村