7月26日 前場の相場概況

25日の米国株市場は
NYダウ+172.16ドル高の25414.10ドルと続伸
ナスダック+91.471ポイント高の7932.239ポイントと反発しました。

トランプ米大統領と欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長の会談の行方を見極めようと、

午後の半ばごろまでは買い見送りムードが強かったものの、取引終了の30分ほど前に

米欧が貿易摩擦の緩和で合意したと伝わると急速に買われました。

好決算を発表した個別銘柄への買いも相場を支えてナスダックは17日に付けた史上最高値を更新、

NYダウは2月下旬以来の高値で終わりました。

 

◆先物夜間取引の終値は22600 変わらずでした

高値は22650 +50円高、安値は22490 -110円安でした。

トランプ米大統領と欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長がホワイトハウスで会談しましたが、

EUが米国大豆の購入増や一部業種の関税引き下げに同意したと午後に伝わったため、

貿易摩擦を巡る対立が和らぐとの期待が広がりました。

NYダウは一時-128ドル安となったこともあって先物は安くなる場面がありましたが、

大引けにかけて米国株が急速に上昇したことに連れて戻りました。

けさは米国株時間外取引は小高く推移し、ドル円が110円台後半まで円高になっていますが、

高く始まっています。

日経平均のテクニカル指標は総じて高値圏に近い中立圏にありますので、リバウンドが続くと

早めに高値警戒感が出やすい位置にあります。

企業の4-6月期決算発表の本格化やあすの米GDPの発表を控えて様子見ムードから

低調な売買が続いていますが、基本スタンスとしてはさらに上がるのであれば下で買ったものは

利益確定売りを進めた方がいいと思います。

来週には日銀金融政策決定会合も控えており、目先は慎重に動くのが無難だと思います。

 

【7月4日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「ためしに、どんな銘柄でシグナル点灯しているか見てみたい」など、単発で1配信のみをご購読される場合は、

1配信:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村