【シグナル配信銘柄】6月29日分の実績です

日経平均は-66円安の22697円と続落しました。

朝方は、米国株安や円高ドル安の進行を受けて小安く始まりましたが、その後は円高一服などを支えに

高値では+105円高の22869円まで上昇しました。

買い一巡後は、中国人民元が対ドルで約1年1ヶ月ぶりの安値水準を付けたことを受けて先物売りから

再度下落転換すると、米国株時間外取引が下落幅を広げてやや円高が進行したことから

後場には-223円安の22541円まで下落しました。

大引けにかけては上海総合指数が急上昇したことから下げ幅を縮小しました。

 

◆けさは、米国株安、円高ドル安を受けて輸出株を中心に売られて安く始まりましたが、

その後はドル円の落ち着きなどを背景に先物への買い戻しが主導して上昇転換しました。

10時過ぎに中国人民銀行が発表した人民元の対ドル基準値が約1年1ヶ月ぶりの元安水準になり、

前日にトランプ米大統領が人民元安に対して間接的に不満を述べたと伝わった直後だったことから、

米中貿易摩擦の激化への懸念が高まって先物主導で再度下落転換しました。

商品市況安を背景に中国経済への先行き懸念が広がっていますが、午後は上海株が上げ幅を広げたことや

主要企業の4-6月期決算発表への期待から押し目買いも入り、ソフトバンクやファーストリテなどの

値がさ株が買われて相場を下支えしました。

東証1部の売買代金は2兆3975億円、騰落銘柄数は値上がり672銘柄、値下がり1342銘柄、

日経225採用銘柄では値上がり72銘柄、値下がり146銘柄となっています。

日経ジャスダック平均は小幅に続落、東証マザーズ指数は小幅に反発しました。

きょうも薄商いが続いていることもあって、一日を通して先物の売買に振り回される展開となりました。

日経平均はきょうも高値から約172円失速して引けており、寄り後に売り上がった投資家は

4日連続で大引けまでに利食いで買い戻しができたことになります。

つまり徐々に売り方が優位な展開になってきているなかで、きょうの前場途中からの急落に

つながったわけです。

大引けにかけて下げ幅を縮小したことから、テクニカル指標はまだおおかたが高値圏にある状態ですが、

きょうは5日線(今日現在:22710円)を下回って22697円で引けています。

今晩の米国株市場次第で週明けにもう一度23000円台にトライする動きがあるかもしれませんが、

やはり戻りがあれば利益確定売りを進めるところだと思いますし、23000円に乗せても

乗せなくても上がるところがあれば目先は売りのイメージでいます。

調整入りが起こった場合には中小型株にも波及する可能性がありますので、利益が出ているものは

一度現金化して次の押し目を待つ方が無難だと思います。

 

◆6月29日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「ためしに、どんな銘柄でシグナル点灯しているか見てみたい」など、単発で1配信のみをご購読される場合は、

1配信:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村