7月18日 前場の相場概況

17日の米国株市場は
NYダウ+55.53ドル高の25119.89ドルと4日続伸
ナスダック+49.399ポイント高の7855.118ポイントと反発しました。

NYダウは6月半ば以来約1ヶ月ぶりの高値で終わり、ナスダックは史上最高値を更新しました。

パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が上院の議会証言で、堅調な米経済情勢を背景に

緩やかに利上げを行うことが適切と述べたことから、過度な利上げ対する警戒感が後退しました。

ナスダックは、アマゾン・ドット・コムやアルファベット(グーグルの持株会社)、マイクロソフトなどが

買われました。

 

◆先物夜間取引の終値は22830 +110円高でした

高値は22850 +130円高、安値は22640 -80円安でした。

米国株は安く始まりましたがその後上昇に転じ、ドル円も円安に振れたことから

先物は安寄り後、高値圏で終わりました。

113円台前半まで円安ドル高進行していることや米国株時間外取引が小高く推移していることから

けさは高く始まっています。

日経平均のテクニカル指標はおおかたのもが高値圏を示唆するなか、短期的な過熱感が意識されて

きています。

また日経平均の今年の高値は1月23日につけており、この近辺で買っていた信用取引の建玉の

6か月後の信用期日が接近しています。

堅調な米国株に引っ張られて日本株も急速に値を戻していますが、テクニカル的な過熱感、

信用期日接近による需給悪は否めず、ココからの戻りには慎重にならざるをえません。

23000円をどうしても一度つけたいという力が働いているのだとしても、

そこに向けては順張りでついていくのではなく、高いところでは確実に利益確定売りを進めながら、

次のスピード調整による下落を待つのが無難だと思います。

 

【6月26日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「ためしに、どんな銘柄でシグナル点灯しているか見てみたい」など、単発で1配信のみをご購読される場合は、

1配信:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村