7月17日 後場の相場概況

前場の日経平均は+127円高の22724円と3営業日続伸しました。

朝方は、手掛かり難のなか小動きで始まりましたが、その後は3連休中の米国株が底堅く

推移したことや、円安ドル高が進行したことから上げ幅を広げると、高値では+154円高

22752円まで上昇しました。

買い一巡後は、上海総合指数の下落を受けて伸び悩む場面もありましたが、下値が限定的だった

ことから前引けにかけては高値圏で推移しました。

 

◆けさは小動きで始まりましたが、112円台半ばまで進んだ円安ドル高を受けて、

海外投資家などが自動車やゴム製品など輸出関連株に押し目買いや買い戻しを入れました。

一方で16日に発表された中国4-6月期国内総生産(GDP)が減速したことから、中国関連とされる

機械株は軟調に推移し、米原油先物相場が大幅下落したことを受けて石油関連株も下落しました。

東証1部の売買代金は1兆2559億円、騰落銘柄数は値上がり1630銘柄、値下がり396銘柄、

日経225採用銘柄では値上がり186銘柄、値下がり35銘柄となっています。

日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落しています。

前引けのTOPIXは+0.90%高となり、日経平均の+0.56%高を上回っていることからも

前場は全体に買いが入った印象ですが、新興市場は下落しており、円安を好感した買い戻しが

大型株を中心に入っているようです。

前場の上昇で日経平均のテクニカル指標は総じて高値圏でさらに水準を上げており、短期的な過熱感が

意識されてくると思います。

騰落レシオ6日は応当日の関係であす明後日とさらに上昇しやすくなっており、

まだ出遅れている25日に比べてかなり上昇が進んでいることからも、短期的な過熱感が高まっている

ことが見えてきます。

引き続き、まだ上昇があれば確実に段階的な利益確定売りを進めながら、スピード調整を待つのが

無難だと思います。

いまあえて買うのであれば、株価水準が低い位置にある新興市場の段階的な買い下がりだと思います。

 

◆6月第4週にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「ためしに、どんな銘柄でシグナル点灯しているか見てみたい」など、単発で1配信のみをご購読される場合は、

1配信:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪

    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村