6月29日 前場の相場概況

28日の米国株市場は
NYダウ+98.46ドル高の24216.05ドル反発
ナスダック+58.598ポイント高の7503.683ポイントと反発しました。

朝方は、米1-3月期GDP(国内総生産)の確定値が、年率換算で前期比2.0%増と

市場予想平均の2.2%増を下回ったことから続落する場面もありましたが、

売り一巡後は、前日にほぼ2ヶ月ぶりの安値となっていたことからこれまで売り込まれていた銘柄に

自律的な反発を見込んだ買いが入り、金融やIT(情報技術)業を中心に上昇しました。

 

◆先物夜間取引の終値は22280 +50円高でした

高値は22310 +80円高、安値は22090 -140円安でした。

トランプ米政権の通商政策を巡る先行き不透明感を背景に米国株は下落が続いていましたが、

この日は通商政策に対する目立ったニュースがなかったことから、中国や欧州連合(EU)などとの

貿易摩擦が深刻化するとの警戒感がやや和らぎました。  

けさはやや円安ドル高に振れ、米国株時間外取引は高く推移していますので、小高く始まりました。

日経平均のテクニカル指標はおおむね中立圏にありますが、水準としては全体的に底値圏に近い

位置にあります。

きのうの日経平均の安値は22038円で、ボリンジャーバンド-2σ(今日現在:22029円)が

意識されて下げ止まり、75日線(今日現在:22175円)や200日線(今日現在:22077円)を

割り込んだあとに終値では回復しました。

引き続き、下がる場面があれば段階的に買い下がっていい水準にあると思います。

米政権の発言によって相場が乱高下する可能性は依然として残りますが、安くなると

日銀のETF買いや配当の再投資が相場を下支えしてきます。

意外安に備えながら余裕を持った段階的な買い下がりのイメージは継続でいいと思います。

 

【6月8日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「ためしに、どんな銘柄でシグナル点灯しているか見てみたい」など、単発で1配信のみをご購読される場合は、

1配信:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村