6月12日 後場の相場概況

前場の日経平均は+63円高の22867円と続伸しました。

朝方は、欧米株高や円安ドル高の流れを好感して高く始まると、高値では+207円高

23011円まで上昇し、取引時間中としては5月22日以来3週間ぶりに23000円台を

回復しました。

買い一巡後は、フシ目の23000円を上回ったことから短期的な達成感が広がり、

利益確定売りで下げに転じる場面もありましたが、直後に再度プラス転換するなど

比較的値動きの荒い展開となりました。

 

◆けさは、欧米株高・円安ドル高の流れを受けて大きく上昇して始まると、心理的なフシ目の

23000円を回復する場面もありました。

米朝首脳会談を通じて朝鮮半島情勢が安定するとの期待から、海外のヘッジファンドなどが

重要イベントに焦点を定めて運用するイベントドリブンの買いを先物中心に入れたことから

上値を伸ばしましたが、米朝首脳会談の行方を見たいとして全体の商いは薄く、

投機筋主導の相場展開となりました。 

東証1部の売買代金は1兆1441億円と少なく、騰落銘柄数は値上がり984銘柄、

値下がり968銘柄、日経225採用銘柄では値上がり126銘柄、値下がり92銘柄でした。

日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続伸しています。

きのうに続いて、昼休みの時間帯に先物が堅調に推移して後場は買い先行で始まっていますが、

米朝首脳会談をターゲットにしたイベントドリブン買い仕掛けは、何もサプライズが

無かった場合にはきょうまでしか通用しません。

今後は連邦公開市場委員会(FOMC)、ECB理事会、日銀金融政策決定会合などが

控え、様子見ムードが続きやすい状況です。

日経平均はきのうまで3日連続でボリンジャーバンド+1σ(前場試算値:22856円)を

取引時間中には上回りましたが、終値では押し返されました。

前場もこれを上回りましたが、前引けではこれに押し返されて下回りました。

テクニカル指標の高止まりも意識されますし、やはりまだ上昇する場面があれば

段階的に利益確定売りを進めるイメージだと思います。

 

◆5月22日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「ためしに、どんな銘柄でシグナル点灯しているか見てみたい」など、単発で1配信のみをご購読される場合は、

1配信:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪

    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村