6月1日 後場の相場概況

前場の日経平均は+71円高の22273円と続伸しました。

朝方は、米国の保護主義的な通商政策への警戒感から欧米株が下落した流れを受けて安く始まると

寄り付き直後には安値で-103円安まで下落しました。

売り一巡後は円安ドル高に振れだしたことを支えに上昇転換すると先物買いが入って上げ幅を広げ、

高値では+115円高の22316円まで上昇しましたが、前引けにかけては利益確定売りで

上値の重い展開となりました。

 

◆けさは、米国の保護主義的な通商政策への警戒感から安く始まりましたが、ドル円が109円台を

回復したことや米国株時間外取引の上昇を支えにプラスに転じました。

朝方発表された1-3月期の法人企業統計も投資家心理の改善につながりました。

東証1部の売買代金は1兆2085億円、騰落銘柄数は値上がり1138銘柄、値下がり836銘柄、

日経225採用銘柄では値上がり162銘柄、値下がり56銘柄でした。

日経ジャスダック平均は小幅続伸、東証マザーズ指数は小反落しています。

きょうは月初の第一営業日ということで上昇しやすい日ではありましたが、それでも意外なほど

しっかりした展開でした。

今晩に米5月雇用統計米5月ISM製造業景況指数の発表を控えていることから、後場は様子見に

なりやすい状況ですが、基本的には下がれば買いのスタンスは継続だと思います。

まだテクニカル指標はおおかたのものが底値圏を示唆している状態ですのでリバウンドの余地は

あると思います。

ただ来週は6月限SQを金曜日に控えていますので、荒れるSQ週になる可能性も考慮する必要が

ありそうです。

もちろん上に荒れる展開もあり得ますが、安いところで買えたものに関しては

あまり爪を伸ばさない方が無難かもしれません。

 

◆5月11日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「ためしに、どんな銘柄でシグナル点灯しているか見てみたい」など、単発で1配信のみをご購読される場合は、

1配信:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪

    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村