5月31日 前場の相場概況

30日の米国株市場は
NYダウ+306.33ドル高の24667.78ドルと反発
ナスダック+65.859ポイント高の7462.453ポイントと反発しました。

政局の混迷を背景としたイタリア国債の下落が一服し、米国市場でも過度な警戒感が後退して

買い戻す動きになりました。

NY原油先物(WTI)価格が反発したためエネルギー関連株や前日に大きく下げた金融株を中心に

買いが入り、NYダウは一時+353ドル高まで上げ幅を広げました。

 

◆先物夜間取引の終値は22260 +230円高でした

高値は22270 +240円高、安値は22040 +10円高でした。

前日まで大きく上昇していたイタリア10年物国債利回りが低下し、世界の金融市場の混乱や

米景気悪化につながるとの懸念が後退したことや原油高を背景に米国株は大幅反発しました。

5月の全米雇用報告は、民間部門雇用者数が17万8000人増で、 第1四半期の

米国内総生産(GDP)改定値は年率換算で前期比2.2%増と、速報値の2.3%増から

やや下方改定されましたが第2四半期の成長率は年率換算で3%台に乗せると予想されています。

ドル円は一時109円台まで円安に振れたため先物夜間取引は大幅高となりました。

けさは米国株時間外取引が小幅安になり、円高ドル安に振れていることから先物夜間取引終値より

上げ幅を縮小していますが、上昇して始まっています。

日経平均のテクニカル指標は底値圏を示唆しているものが増えてきており、

きのう75日線(30日現在:21920円)が下値サポートとなりました。

きょうの大引けにMSCI指数の定期銘柄見直しに伴う売り需要が発生することには

警戒感が残っていますが、下がったところでは買っていい水準になっていると思います。

あすの米雇用統計発表まで積極的な売買が控えられる部分もありますが、下振れがあった場合には

段階的に買い下がるイメージだと思います。

 

【5月10日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「ためしに、どんな銘柄でシグナル点灯しているか見てみたい」など、単発で1配信のみをご購読される場合は、

1配信:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村