【シグナル配信銘柄】4月27日分の実績です

日経平均は-42円安の22960円と4営業日ぶりに反落しました。

朝方は、米国株高を受けて小高く始まりましたが、買いは続かず先物売りから下げに転じました。

その後は再度プラス圏に浮上する場面もありましたが、日経平均が23000円を回復したことから

目先の達成感もあって利益確定売りが出やすくなりました。

朝鮮半島情勢や国内政治を巡る不透明感を嫌気した売りに上値を押さえられましたが下値も堅く、

日経平均の日中値幅は約78円と、今年に入って最も小さい動きとなりました。

 

◆けさは、米国株高を受けて小高く始まりましたが、米中通商問題への懸念後退は日本市場では

きのうすでに織り込んでいただけに買いは続きませんでした。

またペンス米副大統領が、北朝鮮の出方次第では米朝首脳会談を取りやめる用意があるとの

認識を示したことから、朝鮮半島情勢を巡る警戒感が再び強まったことが重しとなりました。

東証1部の売買代金は2兆1437億円ときのうに続いて低水準にとどまり、騰落銘柄数は

値上がり732銘柄、値下がり1261銘柄、日経225採用銘柄では値上がり87銘柄、

値下がり131銘柄となっています。

日経ジャスダック平均は4日続伸で2か月ぶりの高値となり、東証マザーズ指数も4日続伸しました。

株価チャート的には、きょうの日経平均は始値よりも終値の方が安い陰線になりました。

4月半ば以降、上昇してきて高値圏で陰線が出るとその後は小幅ながら調整することが、

直近では3回続いています。

そういった意味でもあすの動きが重要になりますが、もし調整が続いた場合には4月以降の

下値サポートとなっている5日線(今日現在:22889円)が維持できるのかも注目されます。

日経平均のテクニカル指標は依然高止まりしており、短期的な過熱感も意識されています。

また加計学園を巡る問題も再燃しており、これが政局不安につながる可能性もないとは言えません。

上昇中の25日線(今日現在:22443円)くらいまでのスピード調整があってもおかしくない

状況は続いていますので、引き続き上がれば利益確定売りを進めるイメージだと思います。

ココからの一段高には売買代金の盛り上がりが不可欠ですが、きのうきょうの閑散具合を見ると

スピード調整をする方が自然だと思います。

 

◆4月27日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

    4月2日のメルマガ配信分より、今回のシグナル点灯の期待度を表記しています

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「ためしに、どんな銘柄でシグナル点灯しているか見てみたい」など、単発で1配信のみをご購読される場合は、

1配信:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村