5月15日 前場の相場概況

14日の米国株市場は
NYダウ+68.24ドル高の24899.41ドルと8日続伸
ナスダック+8.432ポイント高の7411.315ポイントと反発しました。

NYダウの8日続伸は昨年9月8日から20日までの9日続伸以来の連続上昇記録となり、

終値は3月16日以来およそ2ヶ月ぶりの高値でした。

トランプ大統領がツイッターで、米企業との取引禁止措置を受けている中国の通信機器大手ZTEについて

事業再開に向け中国の習金平主席と協議していると投稿したことから、15日から行われる中国との協議で

通商摩擦が緩和されるとの期待感から買われました。

ダウは163ドル高まで上げる場面もありましたが、ここまで上昇が続いてきたうえに

一時2ヶ月ぶりに節目の25000ドルに近づいたことから、利益確定売りが出て伸び悩んでいます。

ナスダックは3月16日以来、約2ヶ月ぶりの高値で終えました。

 

◆先物夜間取引の終値は22890 +30円高でした

高値は22890 +30円高、安値は22830 -30円安でした。

米国株はきのうの日本時間の時間外取引よりも上げ幅を縮小しましたが、ドル円がやや円安に

振れましたので、けさは先物終値に寄せる格好で小高く始まっています。

きょうも売り方の買い戻しが入りやすい状況は続きそうですが、その一方で日経平均の

テクニカル指標は短期的な過熱感が強く意識される水準での高止まりとなっています。

ここまでは好決算銘柄への個別物色が相場の押し上げ要因にもなっていましたが、

大型株はほぼ発表が一巡しましたので、この材料は続きません。

あとは売り方の買い戻しがどこまで続くのかということになると思いますが、

これも心理的なフシ目の23000円で目先の達成感が意識されやすいと思います。

NYダウも8連騰で超目先的にはさらに買い進みづらくなってきていますので、

23000円に向けてはやはり戻りを段階的に売り上がるイメージの継続でいいと思います。

新興市場はまだこれから決算発表を控えている銘柄も多いので、あえて買うのであれば

好決算期待のある中小型株だと思います。

 

【4月19日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】

    4月2日のメルマガ配信分より、今回のシグナル点灯の期待度を表記しています

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「ためしに、どんな銘柄でシグナル点灯しているか見てみたい」など、単発で1配信のみをご購読される場合は、

1配信:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村