5月8日 前場の相場概況

7日の米国株市場は
NYダウ+94.81ドル高の24357.32ドルと3日続伸
ナスダック+55.595ポイント高の7265.213ポイントと続伸しました。

アップルが6営業日連続で上昇したことや、原油価格が2014年以来の高値を付けたこと、

米中の経済交渉の進展期待から上昇しました。

NYダウの上げ幅は一時+216ドルに達しましたが、午後にトランプ大統領が

イラン合意に関する判断をあす午後2時に発表するとツイッターに投稿したことから原油相場が

伸び悩み、ダウは前週末終値近くまで急速に上げ幅を縮める場面もありました。

業種別S&P500種株価指数では全11業種のうちIT・金融など7業種が上昇しました。

 

◆先物夜間取引の終値は22480 +30円高でした

高値は22520 +70円高、安値は22420 -30円安でした。

NY原油先物(WTI)価格が、イラン制裁を巡る思惑から約3年5ヶ月ぶりに1バレル70ドル台に

乗せたことで、石油関連株の一角が物色されて相場を押し上げましたが、トランプ大統領が

欧米などとイランが結んだ核合意について、継続か破棄かの判断を8日に発表すると

ツイッターに投稿すると一転して売りが膨らみました。

ドル円は108円台半ばまで円高に振れる場面もありましたが、終値は109円台に戻しています。

けさは米国株高のあと米国株時間外取引が小安くなっていることもあって小動きで始まっています。

日経平均はテクニカル指標の過熱感が意識されていますが、その一方で根強い買い戻しが

相場の下支えになっています。

今週末に控える5月限SQに向けて荒れるSQ週になる可能性も残されていますが、

まだ買い戻しが続くようですともう一度上値を試してより過熱感が高まる位置まで行ってから

調整入りすることもあり得る状態です。

どちらにしても引き続き上昇があれば段階的な利益確定売りを進めるのが無難だと思います。

好決算発表銘柄に対する個別物色は続くと思いますが、全体的にはやはり戻り売りの

イメージでいいと思っています。

 

【4月12日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】

    4月2日のメルマガ配信分より、今回のシグナル点灯の期待度を表記しています

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「ためしに、どんな銘柄でシグナル点灯しているか見てみたい」など、単発で1配信のみをご購読される場合は、

1配信:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村