【シグナル配信銘柄】4月11日分の実績です

日経平均は-35円安の22472円と4営業日ぶりに小反落しました。

朝方は、109円台後半まで進んだドル高円安や、米アップル株が決算発表後の時間外取引で

上昇したことを好感して+60円高の22568円で始まりましたが、これがきょうの高値となって

その後は下落に転じました。

連休後半を前にした持ち高調整売りに押されると、前引け近くには安値で-81円安の22426円まで

下落しました。

後場に入ると大引けにかけて下げ渋る動きとなりましたが、戻りは限定的でした。

 

◆けさは、円安ドル高進行や米アップル株が好決算を発表して時間外取引で上昇したことなどから

高く始まりましたが、その後は先物売りや連休後半入りを前にしたポジション調整売りなどから

下落に転じました。

今晩まで開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)や、あすから始まる米中通商協議

金曜日の米4月雇用統計などを見極めたいとして様子見ムードが広がりました。

ドル円相場が約3ヶ月ぶりの円安水準に下落しましたが、自動車株は4月の米新車販売の低調さが

嫌気されて売られました。

一方でアップルが発表した18年1-3月期決算をきっかけに、ハイテク企業の業績の先行きに対する

過度な不安は後退し、関連の電子部品株には買い戻しが優勢となって相場を下支えしました。

3月日銀短観で示された大企業・製造業の2018年度の想定為替レート、1ドル109円66銭付近で

推移していることから、市場全体に円高による業績懸念が後退しました。

東証1部の売買代金は2兆4046億円、騰落銘柄数は値上がり1218銘柄、値下がり782銘柄、

日経225採用銘柄では値上がり96銘柄、値下がり122銘柄となりました。

好決算銘柄などがけん引し、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに反発しています。

日経平均は前場の寄り付きがきょうの高値となって下落に転じました。

大引けが後場の高値となっていますが、後場の値幅はわずか約46円にとどまっています。

連休中に重要イベントがいくつも控えている割には小安い程度で終わりましたので、

売り方の買い戻し基調は続いていると見た方がいいのかもしれません。

こうなってくると米雇用統計など次第では、月曜日に再度上値を試す可能性も出てきますが、

基本的にはテクニカル指標の高まりもありますので、買い戻しが入って戻す場面があれば

やはり段階的な利益確定売りでいいと思います。

ただ来週は週末に5月限SQを控えた荒れるSQ週になる可能性もあります。

4月は荒れないSQ週でしたが、SQに向けてさらに買い戻しを誘うような上昇が続いた場合には

絶好の売り場になる可能性が高まりますが、逆にSQまでに大きく調整してくるようですと

買い場探しになるかもしれません。

テクニカル指標が底値圏を示唆する水準まで下落するにはそれなりの値幅調整が必要ですので、

どちらに仕掛けた方が利益を取りやすいかと短期筋が考えた場合には、売り方を買いあおって

買い戻しを進めさせる方を選ぶかもしれないということは含んでおいていいかもしれません。

どちらにしても、さらに上がるなら売り場探し、逆に下がってくるなら引き付けての

買い場探しというイメージだと思います。

 

◆4月11日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

   ↑ 4月2日のメルマガ配信分より、今回のシグナル点灯の期待度を表記しています

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「ためしに、どんな銘柄でシグナル点灯しているか見てみたい」など、単発で1配信のみをご購読される場合は、

1配信:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村