【シグナル配信銘柄】4月10日分の実績です

日経平均は+40円高の22508円と3営業日続伸しました。

朝方は、米国株安が重しとなって小安く始まると、安値では-56円安の22411円まで

下落しましたが、下値が限定的だったことやドル円が落ち着いた動きとなったことから

売り一巡後は小幅高に転じ、前引けにかけて小高く推移しました。

後場は、先物買いも入って高値では+51円高の22519円まで上昇する場面もありましたが、

その後は大引けにかけてもみ合いとなりました。

日経平均の終値は、心理的なフシ目の22500円を回復して、2月5日の終値22682円以来、

ほぼ3ヶ月ぶりの高値水準となっています。

 

◆けさは米国株安を嫌気して小安く始まりましたが、米国株時間外取引が小高く推移したことや

ドル円が109円台半ばで落ち着いた動きとなったことなどからプラス転換し、その後も

小幅に高い位置でのもみ合いとなりました。

連休の谷間とあって積極的な売買は乏しく、日本の連休中に米連邦公開市場委員会(FOMC)の

結果発表や4月の米雇用統計といった重要イベントが相次ぐため、様子見ムードも広がりました。

19年3月期が最終減益になるとの見通しを発表したソニーが大幅安となった半面、

19年3月期を最終年度とした中期経営計画を達成する可能性が高まった日立が買われるなど、

決算発表をきっかけにした個別銘柄の売買は活発でした。

東証1部の売買代金は2兆8713億円とそれなりに膨らみ、騰落銘柄数は値上がり818銘柄、

値下がり1198銘柄、日経225採用銘柄では値上がり125銘柄、値下がり90銘柄となり、

ファーストリテが約31円、ファナックが約16円など日経平均を押し上げた一方で、

京セラが約17円、ソニーが約12円など、押し下げています。

売買が手控えられたことから、日経ジャスダック平均は小幅続落、東証マザーズ指数は売買代金が

今年2番目の低水準となるなか7営業日ぶりに反落しています。

日経平均は、2月27日に付けた直近の戻り高値である22502円を上抜け、きょうの高値では

22519円まで上昇しました。

その一方でテクニカル指標は高値圏でさらに上昇するものが目立つ状態になってきており、

代表的なサイコロジカルラインは過熱感が意識される75%に再度乗せてきましたし、

騰落レシオ25日も過熱感があるとされる120を超える123.75で高止まりしています。

きょうも連休中にある重要イベントを控えたポジション調整売りよりも、苦しい状況が続く

売り方のポジション調整による買い戻しが結果的に相場をけん引した格好です。

つまり重要イベントを受けてさらに相場が上昇することをリスクととらえた売り方が、

損失を確定させるために買い戻しを進めている状況が続いているということだと思います。

FOMCの結果発表や米雇用統計を受けて日本株を売買できるのは、来週月曜日からとなりますので、

やはりまだ上昇する場面があれば、あすも段階的な利益確定売りが無難だと思います。

 

◆4月10日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

   ↑ 4月2日のメルマガ配信分より、今回のシグナル点灯の期待度を表記しています

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「ためしに、どんな銘柄でシグナル点灯しているか見てみたい」など、単発で1配信のみをご購読される場合は、

1配信:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村