【シグナル配信銘柄】4月9日分の実績です

日経平均は+148円高の22467円と続伸しました。

朝方は、前日の米国株相場の上昇で投資家心理が改善し、高く始まりました。

2018年3月期の業績発表が本格化し、今期の業績見通しが好調な銘柄に買いが入った一方、

19年3月期が減益になるとの予想を示したファナックが大幅安となって日経平均の上値を押さえると

安値では+37円高の22357円まで急速に押し戻されました。

その後は、先物買いから再度上げ幅を広げると、大引け近くには高値で+175円高の22495円まで

上昇し、2月5日の終値22682円以来約3ヶ月ぶりの高値で取引を終えました。

日銀は金融政策決定会合で金融政策の現状維持を決定しましたが、事前予想通りだったことから

相場への影響は限定的でした。

 

◆けさは米国株高を好感して高く始まると、京セラやアドテストなど好業績銘柄に買いが入りましたが、

19年3月期が減益になる見通しと発表したファナックが急落すると、安川電など設備投資関連株には

利益確定売りや持ち高調整売りが優勢になり、ソニーなど決算発表を控えた銘柄には持ち高調整売りも

出て相場全体の重しとなる場面もありました。

東証1部の売買代金は3兆3144億円と3月27日以来1ヶ月ぶりに3兆円を回復し、騰落銘柄数は

値上がり983銘柄、値下がり1019銘柄、日経225採用銘柄では値上がり143銘柄、

値下がり81銘柄となり、京セラが約58円、ソフトバンクが約37円、ファーストリテが約34円など

日経平均を押し上げた一方で、ファナックが1銘柄で約90円、押し下げました。

日経ジャスダック平均は6営業日ぶりに反落しましたが、東証マザーズ指数は6日続伸しています。

日経平均は、1月23日に付けた年初来高値24124円から、3月23日の年初来安値20617円

(いずれも終値ベースです)までの下落幅の半値戻しの22371円を終値で上回ってきました。 

ただその一方でテクニカル指標は確実に上昇を続け、影響力の大きい騰落レシオ25日127.41まで

急上昇しました。

きょうは大型連休入りを控えたポジション調整売りよりも、売り方のポジション調整による

買い戻しの方が相場をけん引した感じでした。

つまりココまでのジリ高相場で、苦しくなっているのは売り方ですので、連休中に米国株市場が

さらに上がることも考えて、ロスカットの買い戻しを進めたということだと思います。

テクニカル指標で見ますと、短期的な過熱感はあきらかですので、やはりまだ上昇する場面があれば、

段階的な利益確定売りだと思います。

売り方が苦しくなって買い戻しを進めているところは、買い場ではなく売り場になると思います。

 

◆4月9日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

   ↑ 4月2日のメルマガ配信分より、今回のシグナル点灯の期待度を表記しています

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「ためしに、どんな銘柄でシグナル点灯しているか見てみたい」など、単発で1配信のみをご購読される場合は、

1配信:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村