2018年4月27日

【シグナル配信銘柄】4月9日分の実績です

日経平均は+148円高の22467円と続伸しました。 朝方は、前日の米国株相場の上昇で投資家心理が改善し、高く始まりました。 2018年3月期の業績発表が本格化し、今期の業績見通しが好調な銘柄に買いが入った一方、 19年3月期が減益になるとの予想を示したファナックが大幅安となって日経平均の上値を押さえると 安値では+37円高の22357円まで急速に押し戻されました。 その後は、先物買いから再度上げ幅を広げると、大引け近くには高値で+175円高の22495円まで 上昇し、2月5日の終値22682円以来約3ヶ月ぶりの高値で取引を終えました。 日銀は金融政策決定会合で金融政策の現状維持を決定しましたが、事前予想通りだったことから 相場への影響は限定的でした。   ◆けさは米国株高を好感して高く始まると、京セラやアドテストなど好業績銘柄に買いが入りましたが、 19年3月期が減益になる見通しと発表したファナックが急落すると、安川電など設備投資関連株には 利益確定売りや持ち高調整売りが優勢になり、ソニーなど決算発表を控えた銘柄には持ち高調整売りも 出て相場全体の重しとなる場面もありました。 東証1部の売買代金は3兆3144億円と3月27日以来1ヶ月ぶりに3兆円を回復し、騰落銘柄数は 値上がり983銘柄、値下がり1019銘柄、日経225採用銘柄では値上がり143銘柄、 値下がり81銘柄となり、京セラが約58円、ソフトバンクが約37円、ファーストリテが約34円など 日経平均を押し上げた一方で、ファナックが1銘柄で約90円、押し下げました。 日経ジャスダック平均は6営業日ぶりに反落しましたが、東証マザーズ指数は6日続伸しています。 日経平均は、1月23日に付けた年初来高値24124円から、3月23日の年初来安値20617円 (いずれも終値ベースです)までの下落幅の半値戻しの22371円を終値で上回ってきました。  ただその一方でテクニカル指標は確実に上昇を続け、影響力の大きい騰落レシオ25日は127.41まで 急上昇しました。 きょうは大型連休入りを控えたポジション調整売りよりも、売り方のポジション調整による 買い戻しの方が相場をけん引した感じでした。 つまりココまでのジリ高相場で、苦しくなっているのは売り方ですので、連休中に米国株市場が さらに上がることも考えて、ロスカットの買い戻しを進めたということだと思います。 テクニカル指標で見ますと、短期的な過熱感はあきらかですので、やはりまだ上昇する場面があれば、 段階的な利益確定売りだと思います。 売り方が苦しくなって買い戻しを進めているところは、買い場ではなく売り場になると思います。   ◆4月9日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆    ↑ 4月2日のメルマガ配信分より、今回のシグナル点灯の期待度を表記しています ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

4月27日 後場の相場概況

前場の日経平均は+94円高の22413円と続伸しました。 朝方は、企業の好決算を背景に米国株が大幅高となったことやドル円の円安基調を受けて 大きく上昇して始まりました。 寄り付き直後には高値で+168円高の22488円まで上昇しましたが、買い一巡後は上げ幅を 縮小し、安値では+37円高の22357円まで押し返される場面もありました。 その後は前引けにかけて持ち直しましたが、上値は限定的でした。 南北首脳が、板門店で10年半ぶりに首脳会談に臨んでいますが、現時点では北朝鮮の非核化など 具体的な交渉内容が明らかになっていないことから材料視はされていません。   ◆けさは、米国株高や円安ドル高を好感して高く始まると、好業績銘柄を中心に買いが先行しました。 京セラやアドテストなど今期の増益見通しを示した銘柄に買いが集まった半面、大幅減益を見込む ファナックが大幅安となり、機械、ハイテクなどに幅広く売りが波及して相場の重しとなりました。 東証1部の売買代金は1兆5829億円、騰落銘柄数は値上がり896銘柄、値下がり1090銘柄、 日経225採用銘柄では値上がり126銘柄、値下がり96銘柄でした。 京セラが約57円、ソフトバンクが約32円、ファーストリテが約30円、日経平均を押し上げていますが、 一方でファナックが1銘柄で約79円、押し下げています。 日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに6営業日ぶりに反落しています。 テクニカル指標は前場試算値段階では、軒並み高値圏を示唆する状態となってきました。 日銀金融政策決定会合は市場予想通り、現状の維持を決定しました。 日本は大型連休入りを控えている週末ですので、後場は動きづらくなってくると思います。 売り方のほうが苦しくなっていますので、ポジション調整の買い戻しがまだ入る可能性もありますが、 基本的には買い方も利益確定売りに傾きやすくなってくると考えられますので、やはりまだ上値を 試す場面があれば、段階的に利益確定売りを進めていくイメージだと思います。   ◆4月6日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆    ↑ 4月2日のメルマガ配信分より、今回のシグナル点灯の期待度を表記しています ☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む