4月20日 後場の相場概況

前場の日経平均は+30円高の22222円と小幅に6営業日続伸しました

朝方は、米国株安を嫌気して小安く始まると、先物売りから下げ幅を広げて安値では-114円安

22076円まで下落しました。

米国株市場で半導体・ハイテク株が売られたことから、半導体関連株が売られて相場の重しとなりました。

売り一巡後はドル円が107円台後半まで円安に振れたことにつれて先物に断続的な買いが入り、

買い戻しや主力株への押し目買いが入ってプラスに転じましたが、上値は限定的でした。

 

◆けさは、米国株安を嫌気して安く始まりましたが、その後は円安進行や米国株時間外取引が

プラスに転じたことから、先物を中心とした買い戻しでプラス転換しました。

東証1部の売買代金は1兆2556億円、騰落銘柄数は値上がり1201銘柄、値下がり782銘柄、

日経225採用銘柄では値上がり138銘柄、値下がり75銘柄でした。

ファーストリテが1銘柄で日経平均を約19円押し上げています。

日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反発しています。

昼休みの時間帯に米国株時間外取引が一時マイナス転換し、ドル高円安が一服していることから

後場は前引けよりも安く始まっています。

前引け時点の日経平均がプラスで終わったことで、前場試算値でのテクニカル指標はほぼ高値圏を

示唆している状況になっています。

上昇の勢いがついている場面では、テクニカル指標の高まりを一時的に無視して上昇することも

ありますが、けっきょくはどこかでこれを修正しに行く調整が起こりやすくなります。

目先は売り方の買い戻しを誘う買い方のペースが続いていますが、やはり引き続き段階的に

利益確定売りを進めていくイメージでいいと思います。

 

◆3月30日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「ためしに、どんな銘柄でシグナル点灯しているか見てみたい」など、単発で1配信のみをご購読される場合は、

1配信:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪

    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村