4月20日 前場の相場概況

19日の米国株市場は
NYダウ-83.18ドル安の24664.89ドルと続落
ナスダック57.180ポイント安の7238.056ポイントと4日ぶりに反落しました。

スマホ需要が弱まっているとの見方からアップルや半導体関連株が売られたことや、

長期金利の上昇基調の強まりから企業の資金調達コストが上昇するとの警戒感も広がったことが、

相場の重しとなりました。

司法省のローゼンスタイン副長官が、トランプ大統領がロシア疑惑を担当するモラー特別検察官の

捜査対象ではないとの見解をトランプ大統領に伝えたと報じたことから、政治混乱への警戒感が

やや和らいだため買い戻しを誘い、取引終盤にかけては下げ幅を縮小しました。

業種別S&P500種株価指数は全11業種中9業種が下落しています。

 

◆先物夜間取引の終値は22120 -80円安でした

高値は22190 -10円安、安値は22050 -150円安となっています。

米国株は主要3指数が下落し、フィラデルフィア証券取引所の半導体株指数(SOX)は

4%超の下落となっています。

米国株時間外取引も小安く推移していることから、けさは小安く始まりました。

国内政治の不透明感が残るなか、日経平均のテクニカル指標はおおかたが高値圏にあり、

短期的な過熱感も意識されていますが、きのうまで今年初の5連騰となったあとの週末だけに

利益確定売りから上値は重くなりやすいと思います。

けさ発表された3月の全国消費者物価コア指数は前年比+0.9%で市場予想と一致しましたので

中立要因と受け止められそうです。

きょうもドル円の動きや米国株時間外取引を見ながらの展開になるとは思いますが、もし円高に

振れた場合には22000円割れを試しに行くこともあり得ますので、やはりこの高い水準では

段階的な利益確定売りを継続するのが無難だと思います。

 

【3月30日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「ためしに、どんな銘柄でシグナル点灯しているか見てみたい」など、単発で1配信のみをご購読される場合は、

1配信:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村