4月16日 前場の相場概況

13日の米国株市場は
NYダウ-122.91ドル安の24360.14ドルと反落
ナスダック-33.598ポイント安の7106.650ポイントと反落しました。

JPモルガン・チェースなど2018年1-3月期決算を発表した大手銀行株が売られました。

ロシア政府が、米政府による経済制裁への報復措置として、航空機の機体に使うチタンの販売制限を

検討していると伝わったことで、ボーイングが大きく下落しました。

ボーイングとJPモルガン、ゴールドマンの3銘柄でNYダウを約-103ドル押し下げました。

ナスダックは、アマゾン・ドット・コムやマイクロソフトなど時価総額の大きい主力株が下落し、

業種別S&P500種株価指数は全11業種のうち金融一般消費財サービス・IT(情報技術)など

7業種が下落しました。

[今週の主なスケジュール]

16(月)米3月小売売上高・4月NY連銀製造業景気指数

17(火)中1-3月期GDP・鉱工業生産・小売売上高、日米首脳会談(~18日)

     米3月住宅着工件数・3月鉱工業生産・設備稼働率

18(水)国内3月貿易統計、米地区連銀経済報告

19(木)米CB景気先行指数・新規失業保険申請件数・フィラデルフィア連銀製造業指数

20(金)国内消費者物価指数、G20

 

◆先物夜間取引の終値は21770 -40円安でした

高値は21920 +110円高、安値は21690 -120円安となっています。

米国株は下落し、ドル円はやや円高に振れましたが、その割には先物の終値は小安い程度でした。

ただその後、米国によるシリアの化学兵器施設への空爆が行われました

けさは注目された米国株時間外取引が大きく上昇していること、やや円安に振れていることから

逆に小高く始まりました。

下落した場合には、これまで下値サポートとして意識されていた5日線(13日現在:21719円)や

25日線(13日現在:21485円)、200日線(13日現在:21409円)が、今回も

下支えになるかどうかが注目されましたが、上昇するとなると10日の高値21933円と

13日の高値21917円で形成するダブルトップを上抜けて否定できるかどうか注目されます。

日経平均のテクニカル指標はまだ高値圏にあるものが多い状態ですので、それを跳ね返してさらに

一段高を試せるのかということになります。

5日以降上値を押さえていたボリンジャーバンド+1σ(13日現在:21807円)を明確に

上抜けられるかどうかも注目されます。

ただ基本スタンスとしては戻り売りを継続するのが無難だと思われます。

22000円に向けて段階的に売り上がるイメージでいいと思います。

 

【3月第4週にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「ためしに、どんな銘柄でシグナル点灯しているか見てみたい」など、単発で1配信のみをご購読される場合は、

1配信:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村