【シグナル配信銘柄】1月29日分の実績です

日経平均は+428円高の22149円と大幅に3日続伸しました。

朝方は、先週末の米国株高などを受けて高く始まると、戻り待ちの売りに押されてやや上げ幅を縮小する

場面もありましたが、後場に入ると先物にややまとまった買いが入ったことから上げ幅を広げ、

高値では+432円高の22152円まで上昇しました。

米国株時間外取引が高いことや、ドル円が日本時間でやや円安に振れたことが好感され、

日経平均はきょうの高値圏で終えるとともに、終値ベースで9日営業日ぶりに22000円台を回復しました。

 

◆けさは高く始まったあとも、上げ幅を縮小した前場中ごろからは逆に徐々に上げ幅を広げる展開となって

終始堅調に推移しました。

引き続きVIX指数が低下したことが好感されており、取引時間中に一時21台と2週ぶりの低水準に

なったことや、米国株時間外取引が高く推移したことが投資家心理を改善させました。

一方で今晩の米国株市場が休場になることから海外投資家の一部が不在と見られ、取引は低調で

東証1部の売買代金は2兆3256億円と1月22日の2兆3823億円を下回って今年最低で

昨年12月29日以来の低水準になり、売買高も12億9080万株と今年最低でした。

騰落銘柄数は値上がり2002銘柄、値下がり56銘柄、日経225採用銘柄では値上がり220銘柄、

値下がり5銘柄となっており、ほぼ全面高でした。

日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに3日続伸しました。

テクニカル指標は総じて中立圏まで戻しましたし、日経平均の予想PERも大引け試算値では

約13.55倍まで回復し、極端な割安感は無くなりました。

きょうに関していえば、売りスタンスの海外投資家が不在のなか、押し目買いから値を戻した

印象もありますが、ここからはドル円の位置が大事になってきます。

さらに円高が進めば企業の業績見通しが引き下げられますので、予想PER自体は高くなりますから

割安感がさらに後退するかもしれません。

心理的なフシ目の22000円を回復し、1月23日の高値24129円から2月14日の安値

20950円まで下げた分の3分の1戻しである22010円も上回りましたので、

下で買った部分は利益確定売りを段階的に進めていいと思います。

下がるなら買いたいイメージは変わっていませんが、ココからさらに上昇すると今度は短期的な過熱感が

意識される水準になってきます。

 

◆1月29日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「ためしに、どんな銘柄でシグナル点灯しているか見てみたい」など、単発で1配信のみをご購読される場合は、

1配信:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村