2月6日 前場の相場概況

5日の米国株市場は
NYダウ-1175.21ドル安の24345.75ドルと大幅に続落
ナスダック-273.420ポイント安の6967.526ポイントと大幅に3日続落しました。

NYダウは、08年9月29日の下落幅-777.68ドルを超えて、過去最大の下げ幅となりました。

金利上昇を警戒してリスク回避の姿勢が強まり、NYダウは一時-1600ドル近い下げをみせ、

ダウ採用銘柄は2日連続で全30銘柄が下落し、業種別S&P500種株価指数は全11業種が下落しています。

米長期金利の指標である10年物国債利回りが一時2.88%まで上昇したことで、企業の資金調達コストが

増すうえに個人消費も抑制して米景気の足かせになるとの警戒感が広がりました。

9年近く続いた米株式相場の上昇が調整局面に入ったとの見方が広がり、幅広い銘柄に利益確定売りや

手じまいの売りが膨らみました。

ナスダックは、アルファベット(グーグル)やフェイスブックなど主力株が軒並み売られました。

 

◆先物夜間取引の終値は21910 -740円安、高値は22740 +90円高で、

安値は21510 -1140円安でした。

さらに米国株時間外取引も大幅下落していますので、けさはこれを下回って始まりました。

先物夜間取引終値は26週線(5日現在:21867円)の水準でしたが、これも割り込みましたので

次にメドとなるポイントは200日線(5日現在:20938円)などになりますが、

そこまでは行かない可能性の方が高いと思います。

ただドル円は109円前後まで再度円高が進み、週末に2月限SQを控えていることから

下げ始めると下げに加速がつきやすいだけに瞬間的には下げ幅を拡大する可能性には

注意が必要です。

きょうも日銀のETF買いが支えにいくと思われますが、きのうも全く頼りになりませんでしたので

あまり大きな期待は禁物だと思います。

引き続き、目先の買い場は近づいていると思いますが、これだけ荒れた展開になってくると

ピンポイントで安値を買うことは困難です。

余裕を持った段階的な買い下がりを、指値を細かく刻んで並べておくことが大事だと思います。

 

【1月16日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「ためしに、どんな銘柄でシグナル点灯しているか見てみたい」など、単発で1配信のみをご購読される場合は、

1配信:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村