1月26日 前場の相場概況

25日の米国株市場は
NYダウ+140.67ドル高の26392.79ドルと続伸し連日で史上最高値を更新、
ナスダック-3.895ポイント安の7411.164ポイントと続落しました。

四半期決算が市場予想を上回ったスリーエムや、31日に四半期決算を発表するボーイングが買われ、

2銘柄でダウを90ドル近く押し上げました。

ダボス会議でムニューシン米財務長官弱いドルは貿易などの面で米国に有利になると発言したことから

輸出関連株が買われ、NYダウは一時200ドルを超える上昇となりましたが、午後に入って

トランプ大統領のドル高容認発言が伝わると、ドル買い戻しとともに上値が重くなりました。

ECB理事会は政策の現状維持を決め、緩和的な情勢が続くことを発表しました。

ナスダックは、ドル高に転じたことを受けて主力銘柄の一角に売りが出ました。

 

◆先物夜間取引の終値は23610 -50円安、高値は23760 +100円高で、

安値は23440 -220円安でした。

ドル円が一時108円台半ばまで円高に振れたことから先物夜間取引は大きく下げる場面が

ありましたが、その後のトランプ大統領の発言からドル円が109円台半ばまで戻したことで

けさは小高い寄り付きとなっています。

注目されたECB理事会も無難に通過しましたので、目先はドル円やユーロ円の動きを

注視しながらこれに振らされる展開が続きそうです。

もし前場中に大きな下落となれば日銀のETF買いによる買い支えが意識されますが、

きのうも735億円の買い付けを行い、2日連続で買い支えましたが2日連続で安値圏で

終わったことからあまり大きな効果は期待しづらくなっている部分は否めません。

ただ23日の夜間取引高値24170円から昨晩の安値23440円までは、すでに700円を

超える調整となっており、日経平均の25日線(25日現在:23424円)水準までの

下落でしたので押し目買いも入りやすくはなると思います。

それでもきょうは週末要因もありますので、迷ったときは見送ってもいいのかもしれません。

 

【1月4日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村