【シグナル配信銘柄】12月29日分の実績です

日経平均は-183円安の23940円と4営業日ぶりに反落しました。

朝方は、円高ドル安が重しとなって、利益確定売りから安く始まりました。

3営業日続伸して、きのうの終値で約26年2ヶ月ぶりに24000円の大台に乗せた反動もあるなか、

1ドル109円台後半へ円高ドル安が進行するとともに売り圧力が強まり、後場に入ると安値では

-207円安の23917円まで下落する場面もありました。

23日に17年4-12月期決算を発表して通期予想を据え置いた安川電が売られたことで、

今後本格化する企業の決算発表後の株価下落懸念につながった面もありました。

 

◆米国の長期金利低下をきっかけに円高ドル安が進んだことで輸出関連株に売りが出ました。

日銀短観で示された大企業・製造業の17年度の想定為替レート1ドル110円18銭よりも

円高となる、109円台後半まで入ったことで企業業績への期待が後退しました。

東証1部の売買代金は2兆9404億円とそこそこ膨らみ、騰落銘柄数は値上がり961銘柄、

値下がり989銘柄、日経225採用銘柄では値上がり90銘柄、値下がり132銘柄となっています。

中身を見るとファナックが約43円、東京エレクが約15円、ソニーが約11円など、

上位5銘柄で日経平均を約89円押し下げています。

日経ジャスダック平均株価は4日続伸して連日で過去最高値を更新し、東証マザーズ指数は

3日続伸して11年5ヶ月ぶりの高値となっています。

きのう大幅高した反動もありましたが、今年に入ってから企業業績に期待が高まっていただけに、

きのう発表された安川電機の決算が通期の見通しを据え置いたことできょうは大きく売られたことから、

決算発表後の株価に対する期待感が後退した部分もありました。

日経平均のテクニカル指標は、ふたたび高値警戒感が意識される水準まで来ているものが散見され、

上値では戻り売り圧力が高まりそうです。

きょうは5日線(今日現在:23890円)に近づいた23917円で下値は止まりましたが、

それは前引けのTOPIXが-0.40%安だったことによる日銀のETF買い期待が

大きかったせいだと思います。

引き続き利益確定売りを進めながら押し目を待つところだと思いますので、新興市場も含めて

いまは現金比率を高めていく方が無難だと思います。

 

◆12月29日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村