1月23日 後場の相場概況

前場の日経平均は+221円高の24037円と大幅に3営業日続伸しました

朝方は、22日の米国株市場で主要3指標がそろって最高値を更新したことを受けて高く始まりました。

米上下両院でつなぎ予算が可決したことで買い安心感が広がって上げ幅を拡大すると、

高値では+266円高の24082円まで上昇する場面もありました。

これから本格化する2017年4-12月期決算発表への期待感や、18年の世界景気拡大への

期待も相場を支え、アジア株式市場で主要株価指数が軒並み高く始まったことも後押しとなりました。

TOPIX、JPX400はともに昨年来高値を上回って午前の取引を終えています。

 

◆先物夜間取引が高く帰ってきましたので、それに寄せる形で高く始まったあと、売り方の買い戻しも

あってさらに上値を追う展開となりました。

ただ日経平均の高値は24082円と、18日の高値24084円の手前で止まり、前引けにかけて

やや失速しました。

後場はこの24084円を上抜けできるかがポイントになるでしょう。

前引けでの東証1部の売買代金は1兆3487億円、騰落銘柄数は値上がり1611銘柄、

値下がり363銘柄、日経225採用銘柄では値上がり187銘柄、値下がり31銘柄となっており、

全体的に買いが入った格好でした。

日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数もともに続伸しています。

日銀金融政策決定会合では早々に現状維持が発表されましたので、このあとの黒田日銀総裁の

会見に注目が集まります。

テクニカル指標はまた高値圏を示唆するものが出てきていますので、この勢いでさらに上値を

追うのは難しいと思います。

買い場の前にもう一度売り場が来たイメージですので、利益確定売りを進めながら

押し目を待つのが無難だと思います。

 

◆12月27日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪

    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村