1月15日 後場の相場概況

前場の日経平均は+54円高の23708円と4営業日ぶりに反発しました

朝方は、前週末の米国株が連日で最高値を更新したことを受けて高く始まると、

先物に買いが先行したことで値がさ株を中心に裁定取引に伴う買いが入り、

高値では+179円高の23833円まで上昇する場面がありました。

買い一巡後は、1ドル110円台半ばまで円高ドル安が進行したことが重しとなって、

安値では+31円高の23685円まで失速する場面もありました。

米長期金利が上昇したため、メガバンクなど銀行株に買いが入ったことで

相場全体の下支えとなりました。

 

◆けさは大幅高で始まりましたが、円高ドル安進行が重しとなって失速しました。

そのなかで、携帯事業会社を東証1部上場させると伝わったソフトバンク[9984]が大幅高となり、

1銘柄で日経平均を約38円押し上げました。

前引けでの東証1部の売買代金は1兆2652億円、騰落銘柄数は値上がり1223銘柄、

値下がり754銘柄、日経225採用銘柄では値上がり108銘柄、値下がり111銘柄となっています。

日経ジャスダック平均は続伸して過去最高値を更新し、東証マザーズ指数も続伸しています。

テクニカル指標はまだ過熱感を示唆しているものが多いですが、例年1月は月末にかけて

円高に振れやすいアノマリーがあるだけに、12月の日銀短観で示された大企業・製造業の

17年度想定為替レートの110円18銭を割り込むような動きになると業績不安も出やすいでしょう。

引き続き戻りがあれば利益確定売りを進めたいところではありますが、新興市場もここまで

上昇してくると買いづらくなりますので、とりあえずは現金比率を高めて押し目を待つ方が

いいのかもしれません。

上がっている中小型株を買うなら、機敏に対応できるように動きを注視しておくべきでしょう。

 

◆12月19日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪

    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村