1月9日 後場の相場概況

前場の日経平均は+129円高の23843円と3営業日続伸しました

朝方は、8日のナスダックが連日で最高値を更新したことなどから大幅高で始まりました。

寄り付き直後には高値で+238円高の23952円まで上昇する場面もありましたが、

買い一巡後は、円高に振れだしたことを受けて先物が売られ、つれて利益確定売りから

安値では+74円高の23789円まで押し戻されました。

米雇用統計の結果を受けて、米利上げは緩やかなペースになるとの見方が広がり、

投資家が運用リスクを取りやすくなったとの見方もありました。

 

◆けさも大幅高で始まり、連日でボリンジャーバンド+3σ(前引け試算値:23624円)を

上回る寄り付きとなりましたが、円高に上値を抑えられて買いは続きませんでした。

前引けでの東証1部の売買代金は1兆6039億円、騰落銘柄数は値上がり1075銘柄、

値下がり881銘柄、日経225採用銘柄では値上がり148銘柄、値下がり72銘柄となっています。

日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸し、ともに昨年来高値を更新しています。

日経平均はきょうも続伸していることで、テクニカル指標はおおむね警戒水域に入ってきました。

いずれも前引け試算値ですが、騰落レシオ6日159.87ストキャスティクス9日

95.83RSI14日79.68といずれも過熱感を示唆しています。

ただあさにも書きましたが、今週末に1月限SQを控えていることから、SQ値の算出までは

まだ買い方の仕掛けによって踏み上げが続く可能性も残されています。

日経平均が伸び悩み始めた前場段階でも新興市場には買いが続いていますので、

やはり大型株はココから上では段階的に利益確定売りを進め、中小型株の押し目買いに

シフトする方がいいと思います。

 

◆12月第3週にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪

    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村