【シグナル配信銘柄】12月8日分の実績です

日経平均は-127円安の22783円と反落しました。

朝方は、米国株高を受けて小高く始まったあとに小幅安に転じたところで先物にややまとまった買いが

入ったことから上昇に転じました。

後場に入ると小動きで推移していましたが、午後2時15分過ぎに円高が進んだタイミングで先物に

まとまった売りが出たことから下げ幅を拡大すると、安値では-174円安の22736円まで

下落しました。

経済産業省が取引開始前に発表した11月の鉱工業生産指数速報で基調判断を引き上げたことから

買い安心感につながった面もありましたが、年末年始の連休を前にした利益確定売りに押された格好です。

 

◆きょうは前場と後場ではまるっきり違う動きになりました。

日経平均はボリンジャーバンド+1σ(今日現在:22917円)を割り込み、その下の5日線

(今日現在:22885円)も完全に下回って、一時は25日線(今日現在:22730円)に

接近する、安値22736円までありました。

とりあえず第1サポートラインの5日線は下回りましたが、第2サポートラインの25日線では

踏みとどまった格好になっていますが、引け味は悪かったと言えます。

日経平均はきのうやおとといの小動きな展開を引き継ぎ、前場は約60円の値幅しかありませんでしたので、

やや油断した雰囲気のなか、売り仕掛けに慌てた売りが出た感じでした。

東証1部の出来高は9億9736万株と連日で10億株に届かず、今年2番目の少なさでした。

売買代金は1兆7305億円と4日続けて2兆円を割り込み、騰落銘柄数は値上がりが606銘柄、

値下がりが1353銘柄、日経225採用銘柄では値上がり41銘柄、値下がり175銘柄となっています。

日経ジャスダック平均株価は小幅ながら3日ぶりに反落、東証マザーズ指数も反落しましたが、

こちらは主力株の一角が売られて指数を押し下げているものの雰囲気は悪くないと思います。

繰り返しになりますが、例年、年明けから機関投資家の資金が中小型株に向かうこともありますし、

23000円近辺で利益確定売りを進めた資金は、中小型株の押し目買いに行く方がいいと思います。

日経平均の方は、下値切り上げ型の三角持ち合いを上放れる可能性よりも、再度トリプルトップ

なる可能性の方が意識されやすくなっていますし、たとえ上抜けたとしてもすぐにテクニカル指標

高値示唆が重しとなりそうです。

 

◆12月8日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村