12月27日 後場の相場概況

前場の日経平均は+16円高の22909円とわずかに反発しました

朝方は、26日の米国株安が重しとなるなか、12月の配当落ち(推定33円程度)の影響もあって

小安く始まりました。

その後は寄り付きを安値に、先物買いも入って上昇に転じると高値では+43円高の22936円まで

上昇する場面もありましたが、再度マイナス圏入りするなど方向感に乏しい展開となりました。

原油など国際商品相場の上昇を受けて石油や非鉄、商社株などに買いが入り、相場を下支えしました。

 

◆きょうも閑散相場で方向感はなく、前場の日経平均は前日終値をはさんだもみ合いとなりました。

寄り付きから下回っていた5日線(前引け試算値:22902円)を、前引けではかろうじて上回り、

ほぼボリンジャーバンド+1σ(前引け試算値:22910円)水準の22909円で引けています。

配当落ち分を考慮すれば実質的には+50円高くらいですので、しっかりしたとも言えますが、

前場の高値は22936円と、25日に付けた年初来高値22939円には届きませんでした。

前引けでの東証1部の売買代金は8826億円と引き続き閑散相場ですが、騰落銘柄数は

値上がり1509銘柄、値下がり462銘柄、日経225採用銘柄では値上がり銘柄138、

値下がり81銘柄といずれも値上がり銘柄数の方が多いですが、ファーストリテが1銘柄で

日経平均を約25円押し上げています。

日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともには続伸して年初来高値を更新しており、

年内のIPOが終了したことで、また既存の銘柄に資金がシフトされてきているようです。

引き続きトリプルトップによる下落も、三角持ち合いを上放れることによる上昇にも

つながっていませんが、テクニカル指標の高まりには注意したいところです。

この状況では22994円を上抜けてもそこが売り場になるかもしれませんので、

23000円近辺は利益確定売りを進める方が無難なようです。

また中小型株の押し目買いの方が妙味があるかもしれません。

 

◆12月6日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪

    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村