12月22日 前場の相場概況

21日の米国株市場は
NYダウ+55.64ドル高の24782.29ドルと3日ぶりに反発
ナスダック+4.402ポイント高の6965.361ポイントと3日ぶりに反発ました。

米税制改革法案が前日に議会を通過し、米景気の押し上げ期待が高まりました。

原油高で石油関連株が買われたことや米12月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数が26.2となり、

市場予想平均の21.0を上回ったことも好感されました。

ゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースなど金融株が大幅高し、原油相場の上昇を受けて

シェブロンやエクソンモービルも買われ、この4銘柄でNYダウを約85ドル押し上げています。

ナスダックは3日ぶりに小反発しましたが、フェイスブックやアマゾン・ドット・コムなどの主力株が

取引終盤にかけて下げに転じ、半導体関連株も売られて上値の重い展開となりました。

 

◆先物夜間取引の終値は22850 +50円高、高値では22900 +70円高

安値では22780 -20円安までありました。

けさも米国株時間外取引は小高く推移しているなか、ドル円がやや円高に振れていますので

小安く始まっています。

繰り返しになりますが、日経平均の株価チャートが、1日の高値22994円と12日の高値22994円、

19日の高値22990円と同水準で上昇が3回止められているトリプルトップ

形成しつつある形になっていることから、このまま上に抜けないと株価の調整が強く意識されます。

逆に22994円を抜けて下値切り上げ型の三角持ち合いを上に放れる形になれば、買い戻しに

はずみがつきますが、年末要因で市場参加者が減っていますので目先は積極的に上値を買ってくる

流れになることは難しいと思います。

やはり大型株は利益確定売りを進める一方で、中小型株でリバウンドを狙う方がいいと思います。

 

【12月1日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村