【シグナル配信銘柄】11月30日分の実績です

日経平均は+23円高の22891円と小反発しました。

朝方は、19日の米国株安が重しとなって小幅安で始まりましたが、売り一巡後は円安ドル高もあって

先物にまとまった買いが入ったことから、高値では+55円高の22923円まで上昇しました。

その後は前引けにかけて小安い水準でのもみ合いとなりましたが、後場には再度プラス転換すると

大引けにかけて底堅く推移しました。

米長期金利の上昇を受けて銀行や保険といった金融株の上昇が目立ち、時価総額の大きい銀行株の

上昇が寄与したことでTOPIXは年初来高値を更新し、1991年11月14日以来およそ

26年1ヶ月ぶりの高値を付けました。

 

◆安寄りで始まったあとは、ボリンジャーバンド+1σ(今日現在:22833円)を割り込んだところで

下げ止まり、その後は円安が支えとなって底堅い動きとなりました。

東証1部の売買代金は2兆5498億円、騰落銘柄数は値上がり1124銘柄、値下がり837銘柄、

日経225採用銘柄では値上がり139銘柄、値下がり83銘柄と、前引けにくらべて全体の値上がり数は

減ったものの、225銘柄では上昇が増えました。

日経ジャスダック平均株価は小幅に5日続伸して1990年8月1日以来ほぼ約27年ぶりの高値をつけ、

東証マザーズ指数も続伸して6月22日以来およそ半年ぶりの高値を付けました。

日経平均の株価チャートでは、1日の高値と12日の高値22994円ときのうの高値22990円で、

調整を示唆するトリプルトップとなる可能性が意識されるものの、それに逆らうように小反発と

なりましたが、5日線(今日現在:22781円)や25日線(今日現在:22597円)を

割ってくると下げに勢いがつく可能性があることには注意が必要です。

トリプルトップの形を崩すためには、22994円を上に抜ければいいわけですが、

やはり年内は市場参加者が減ってきているだけに、たとえ上抜けしたとしても大きな上昇に

つながる期待はしづらい部分もあります。

少なくとも年内は引き続き、大型株は利益確定売りを進めながら中小型株の押し目を狙う方が

いいと思います。

 

◆11月30日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村