12月19日 前場の相場概況

18日の米国株市場は
NYダウ+140.46ドル高の24792.20ドルと続伸し、連日で過去最高値を更新、
ナスダック+58.177ポイント高の6994.760ポイントと続伸し、連日で最高値を更新しました。

米税制改革法案が週内にも上下両院で可決する見通しが高まり、法人税減税を好感した買いが続きました。

NYダウは一時+220ドル超値上がりする場面もみられましたが、買い一巡後は利益確定売りに押され、

上げ幅を縮小しました。

ナスダック、S&P500種株価指数とあわせて主要3指数が連日で過去最高値を更新しています。

法人税減税の恩恵を受けやすいとされる金融や小売り関連といった内需関連株に資金が向かいました。

ナスダックはインテルなど半導体関連や、アップルやアルファベット(グーグル)など大型ハイテク株も上げ、

取引時間中に節目の7000を上回る場面がありました。

 

◆先物夜間取引の終値は22940 +60円高、高値では22980 +100円高までありました。

けさはこれにサヤ寄せする格好で高く始まっています。

ドル円はほぼ横ばいですが、米国株時間外取引は小高く推移しています。

1日の高値22994円と12日の高値22994円で形成していたダブルトップを上抜く位置まで

接近しており、調整入りを否定できれば超目先は買い戻しが入りやすいと思いますが、

海外投資家はクリスマス休暇に入っていますので、買い戻し一巡後に上値を追うのは

難しい部分もあります。

大型株は利益確定売りを進める一方で、年末に向けては中小型株でリバウンドを狙う方がいいと思います。

米国株市場も、税制改革法案の成立で材料出尽くしとなって、上昇相場が一服するという

可能性がある点に注意が必要です。

 

【11月28日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村