12月14日 前場の相場概況

13日の米国株市場は
NYダウ+80.63ドル高の24585.43ドルと5日続伸して4日連続で史上最高値を更新、
ナスダック+13.482ポイント高の6875.799ポイントと反発しました。

FOMC(米連邦公開市場委員会)では、金利の誘導目標を0.25%引き上げ年1.25-1.50%に

引き上げることを決定しましたが、2018年の利上げ回数は3回が予想され、利上げペースが緩やかに

なるとの見方が改めて意識されたことから買い安心感につながりました。  

上下両院の指導部が税制改革法案の一本化で大筋合意したと伝わったことで、税制改革法案の可決や成立が

近いとの期待感から、法人税減税の恩恵を受けるとされる内需関連株の一角が買われ、

NYダウは一時+161ドル高まで上げ幅を広げました。

ナスダックはフェイスブックやアップル、アルファベット(グーグル)など主力株の一部に

見直し買いが入り、上昇しました。

 

◆先物夜間取引の高値は22800 +100円高までありましたが、終値は22660 -40円安

安値引けになりました

米国株時間外取引は小幅高で推移していますが、FOMCを受けてドル円が円高に振れていることが

重しとなり、この流れでけさは小安く始まっています。

FOMCが市場の想定通りの内容であったことから安心感が広がったものの、日本ではあすに

日銀短観を控えていることもあり、様子見になりやすいと思われます。

株価チャート的には引き続き、1日の高値22994円と12日の高値22994円で並んだ

戻りの高値で形成されつつあるダブルトップが目先の調整を示唆していることが意識され、

早々にこれを上抜かないと大型株はより上値が重くなる可能性があります。

超目先としてはこの22994円を上回れるかどうかが株価チャート的には重要ですが、

やはり目先は上昇している銘柄から順番に利益確定していく方が無難だと思いますし、

その後は中小型株の押し目を狙うのがいいと思います。

 

【11月22日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村