【シグナル配信銘柄】11月22日分の実績です

日経平均は-108円安の22758円と続落しました。

朝方は、NYダウが連日で最高値を更新したことを受けて小高く始まりましたが、その後は利益確定売りから

下落に転じ、徐々に下げ幅を広げる展開となりました。

後場に入ると米アラバマ州上院補選で与党・共和党候補が敗北し、米税制改革などの先行きに不透明感が

強まったことから売りを誘い、安値では-168円安の22697円まで下落する場面もありました。

世界的な半導体需要への懸念から米フィラデルフィア半導体株指数(SOX)が反落したことを受けて

半導体関連株が売られた一方で、米長期金利の先高観を背景に米金融株が上昇したため銀行株が買われ

相場全体を下支えしました。

 

◆途中経過に反して米アラバマ補選で民主党が勝利したため米国株時間外取引が下げ、

円高ドル安に振れて日経平均も下げ足を早めましたが、その後は米国株時間外取引はプラスに転じ、

ドル円も戻しましたので下げ渋る展開となりました。

東証1部の売買代金は2兆8772億円とそこそこの商いとなり、騰落銘柄数は値上がり790銘柄、

値下がり1167銘柄、日経225採用銘柄は値上がり78銘柄、値下がり139銘柄となっています。

日経ジャスダック平均株価は5日ぶりに小反落しましたが、東証マザーズ指数は5日続伸となりました。

日経平均はボリンジャーバンド+1σ(今日現在:22805円)を下回って終わりましたが、

5日線(今日現在:22774円)も割り込みました。

このままいくと、きのうから書いていますダブルトップとなる可能性が意識されますので、

25日線(今日現在:22570円)や、勢いがつけば6日の安値22119円を試すところが

あってもおかしくない状況です。

まずは今晩のFOMCが無事に通過となり、金曜日の日銀短観で良い数字が出るなどしないと

株価チャートの改善にはつながらないかもしれません。

海外投資家が徐々にクリスマス休暇に入ることで市場参加者が減ってきており、それにつれて

上値が重くなっていくことにも注意が必要です。

過去の利上げ局面ではFOMC後に円高ドル安に振れていることから、ドル円の動きも注視する

必要がありますが、基本的には下がってきたところでは中小型株の押し目買いでいいと思います。

 

◆11月22日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村