12月13日 後場の相場概況

前場の日経平均は-59円安の22806円と続落しました

朝方は、NYダウが連日で最高値を更新したことを受けて小幅高で始まりましたが、その後は

利益確定売りから下落に転じ、徐々に下げ幅を広げる展開となりました。

米フィラデルフィア半導体株指数(SOX)が反落するなど、世界的な半導体需要の先行き不透明感から

半導体関連株が安く、相場の重しとなった一方で銀行株は上昇して相場を下支えしました。

日本時間午後にも開票結果が判明する米アラバマ州の上院補欠選挙の結果や、今晩まで開催のFOMC

(米連邦公開市場委員会)の結果発表を控えていることも、様子見につながりました。

 

◆小幅高で始まった後は寄り付きを高値に、利益確定売りからジリジリと下げ幅を広げる展開となりました。

米国株時間外取引も小幅高から前日終値近辺まで下げ、上海株も小安く、ドル円も多少の円高ですので

買い手控えられた格好です。

前引けでの東証1部の売買代金は1兆3797億円とやや少なめで、騰落銘柄数は値上がり851銘柄、

値下がり1085銘柄、、日経225採用銘柄では値上がり銘柄87、値下がり132銘柄と、

いずれも値下がり銘柄数が上回っています。

きのうの夕方から書いていますように、きのうの日経平均の高値は22994円と、

12月1日につけた戻り高値22994円にぴったりと並んで止まってしまいました。

株価チャート的には22994円を上に抜けられないままだとダブルトップと呼ばれる、目先の調整を

示唆する格好となります。

5日線(前引け試算値:22784円)を下回ってくると25日線(前引け試算値:22572円)を

意識した下げが起こりやすくなり、そこで止まらないと6日の安値22119円を試す可能性もあります。

またこれを下回ると下げの勢いがきつくなることもありえます。

市場参加者が減ってくるこの時期ですので、今後は中小型株の押し目買いが狙い目になると思います。

 

◆11月21日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪

    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村