12月8日の米国株市場

8日の米国株市場は
NYダウ+117.68ドル高の24329.16ドルと続伸して過去最高値を4日ぶりに更新
ナスダック+27.240ポイント高の6840.081と3日続伸しました。

11月の米雇用統計で非農業部門の雇用者数が市場予想以上に増え、米景気の拡大期待が強まりました。

米政府機関の一部閉鎖についても、トランプ大統領の署名で2週間のつなぎ予算が成立したことで、

市場の重しが一時的に解消されて投資家心理が改善しました。  

米労働省が発表した11月雇用統計で、非農業部門雇用者数は前月比+22.8万人となり、

10月の+24.4万人から伸びは鈍化したものの、予想外に2ヶ月連続の20万人台となりました。

失業率は4.1%と予想通りで、2000年以降17年ぶりの低水準を維持しました。

 一方、注目の平均時給は前月比+0.2%と、10月の-0.1%からプラスに改善したものの、

予想の+0.3%には届かず、前年比でも+2.5%と予想の+2.7%を下回りました。

これらを受けて、米景気が順調に拡大する一方で利上げは緩やかなペースにとどまるとの見方が広がり、

IT関連株などを中心に買いが入りました。

多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は11月30日に付けた過去最高値を

6営業日ぶりに更新しています。

[来週の主なスケジュール]

11(月)国内10-12月期法人企業景気予測調査

12(火)米FOMC(~13日)

13(水)国内10月機械受注、米FOMC・イエレン議長会見

14(木)中11月鉱工業生産・小売売上高、ECB定例理事会、英国金融政策発表、米11月小売売上高

15(金)国内日銀短観、米12月NY連銀製造業景気指数・11月鉱工業生産・設備稼働率

 

◆米雇用統計の結果を受けて米国債利回りやドル円は乱高下しましたが、最終的には株式市場にはプラスと

受け止められて大幅続伸となりました。

これを反映して先物夜間取引は安値は22750 -40円安、高値は22870 +80円高で、

終値は22820 +30円高でした。

雇用統計が堅調な内容となったことで来週のFOMC(連邦公開市場委員会)での利上げが確実となったほか、

来年の経済見通しに対する楽観的な見方が株価を押し上げた格好となっていますが、

すでにFOMCで0.25%利上げする確率は96.2%織り込まれていることから株価を左右する材料では

なくなったと言えます。

この流れから週明けの東京市場も堅調な始まりとなりそうですが、やはり23000円台を回復するような

動きとなった場合には、段階的に利益確定売りを進めていくことが無難だと思います。

ココ2年の日経平均は、クリスマス前に目先の高値をつけて調整入りしています。

やはり現在の東京市場は海外投資家の売買シェアが約7割とも言われていますので、

その投資家がクリスマス休暇に入ってしまうと、上値を追うのは難しくなると思います。

2016年は12月21日が高値となり、2015年は12月18日が高値でしたので、

来週早々にということではありませんが、上昇の勢いがいい銘柄から順番に利益確定していく

イメージでいいと思います。

 

【11月第3週にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村