12月7日 後場の相場概況

前場の日経平均は+280円高の22457円と4日ぶりに大幅反発しました

トランプ大統領が、エルサレムをイスラエルの首都として認定すると表明したことで中東情勢への影響が

懸念されましたが、6日の米国株市場が冷静な反応を示したこともあって堅調に推移しました。

ドル円が112円台半ばまで円安方向にあることも支援材料となり、高値では+297円高の22474円を

付ける場面もありました。

このところ下げが目立ったハイテク株を中心に上昇する銘柄が多くなりましたが、日経平均の上げ幅は

前日の下げ幅の約6割にとどまっています。

また金融引き締め懸念が高まっている中国の景気減速懸念が投資家心理を冷やしています。

 

◆欧米株市場の落ち着いた動きからしても、きのうの急落はあきらかにSQ要因による売り崩しということで

前場は買い戻しが先行しました。

米国株時間外取引も高く推移していますし、ドル円も円安ですのでこれにも後押しされた格好です。

長らく下値支持線として機能していた25日線(前引け試算値:22531円)も視野に入ってきましたので、

買い方としては終値でこれを回復しておきたいと思いますが、あすの12月限SQ値を22500円の上で

決めたい向きと、下で決めたい向きの戦いはSQまで続きそうですので、きょう回復できるかは微妙です。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり1749銘柄、値下がり197銘柄と圧倒的に値上がり銘柄数が多く、

日経225採用銘柄でも、値上がり196銘柄、値下がり27銘柄となっています。

今回も荒れるSQ週らしい動きとなりましたし、SQに向けて下がるところは買い場になると考えていましたが、

もう一日くらい買い場を与えてくれた方が買いやすかったとは思います。

ただ先物を売買する投資家は、夜間取引安値では22050 -150円安までありましたので、

安いところを買えたのではないでしょうか。

それでも安いところで買えたものは、25日線(前引け試算値:22531円)を横目で見ながら

段階的に利益確定売りしていくのが無難だと思います。

 

◆11月15日にシグナル配信した騰落率が大きい銘柄の実績です◆

☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら

 

↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓

ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~

http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額 :10,800円(税込)


「月額サービスに加入する前に、ためしに見てみたい」など、ご希望の配信のみをご購読される場合は、

配信毎:   300円(税込)

こちらからご購読いただけます

 

ココから買う株、ココから売る株 ~日経平均株価指数~

http://foomii.com/00114(有料メルマガ配信サービス フーミー)

月額: 21,600円(税込)

 

 

ランキングの応援にクリックをお願いします♪

    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村